スローガン
Loading...

4月の海外旅行におすすめ!ベストシーズンの旅先

うみごえ編集部

春は最も過ごしやすい季節で、特に4月は桜などの花が咲き乱れ、この時期にしか見られない景色を楽しむことができます。 卒業旅行も終盤になると、徐々に観光客が減っていきます。 ゴールデンウィークが始まる前のこの時期は、航空運賃もかなり安くなります。 ヨーロッパのほとんどの国でも徐々に暖かくなってきて、春の季節を満喫できるようになってきました。 また、この時期は世界中で様々なイベントが開催されています。一年で最も大きなイベントに沿って、最も美しい花の街を訪れてみてはいかがでしょうか。

シェア

タイ
ギリシャ
パラオ
オーストラリア
ドイツ
カナダ
グアム
チェコ
デンマーク

タイ

タイ

4月のタイの天気は、日本の初夏に近い気温で涼しく過ごしやすいので、アウトドアや史跡巡りにはもってこいの季節です。 一方、4月13日から15日まで、タイを中心に各地でウォータースプラッシュフェスティバルが開催されています。水かけ祭りは、すべての邪気、不幸、罪を取り除き、すべての善と清らかな気持ちで新年を迎えることを表していますが、元々は、像や塔、長老の手を清めるために水をかける行事でした。 バンコクに行くことがあれば、タイの北部/北東部、中部、南部でお祝いのデモが行われるリクライニング・ブッダ寺院には必ず行っておきたいところです。また、バックパッカーが頻繁に訪れるカオサン通りでは、大規模な散水大会も開催され、お祭り気分を満喫できます。

ベストシーズン
-
日本との時差
-2時間
飛行時間(東京発)
約7.3時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約204円

詳細をみる


ギリシャ

ギリシャ

ギリシャは「太陽の国」と呼ばれる美しい国です。この国の古代遺跡を見るために、一度は訪れてみたいと思っている人も多いでしょう。 遺跡を訪れるだけでなく、紺碧のエーゲ海を見下ろす島々で休暇を過ごすこともできます。 ギリシャのほとんどの地域の気候は地中海性気候です。夏は暑くて乾燥していて、春と秋は日照時間が多く、気温も穏やかです。 観光スポットを集中的に見たいなら、春と秋がおすすめです。3月、4月は日照時間が長く、雨量が少なく、咲き誇る花の種類も見事です。 この時期の気温は、日本の春に似ています。平均気温は20℃前後と暑すぎないので、様々な遺跡巡りが楽しめます。ギリシャでは、早春の服装は朝晩は肌寒いこともあるので、薄手のジャケットを用意しておくと良いでしょう。

ベストシーズン
5月、9~10月
日本との時差
-6時間
飛行時間(東京発)
約14.3時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約1247円

パラオ

パラオ

パラオの乾季である4月は、水がとても澄んでいて視界が開けているので、シースポーツを楽しむには最高の季節です。パラオはダイビングのメッカとして知られており、シュノーケリングでも美しい海の景色を楽しむことができます。 パラオでは、シュノーケリングやマングローブカヤック、ジャングルトレッキング、ジェリーフィッシュ湖でのシュノーケリング、クラゲと泳ぐなど、海のアクティビティも充実しています。日本では見ることのできない絶景が見られる春は、パラオを訪れるのに最適な季節です。 世界遺産に登録されている美しい世界遺産の島には、世界的に有名な岩の島や、毒性のないユニークなクラゲの湖もありますのでお見逃しなく。

ベストシーズン
-
日本との時差
0時間
飛行時間(東京発)
-
期間(東京発)
-
価格(東京発)
-
外食一回
-

オーストラリア

オーストラリア

秋の景色を体験したいなら、オーストラリアに行くのがおすすめです。また、オーストラリアのシドニーは年間340日の日照時間がある都市として知られていますので、日本の秋ならオーストラリアの春ですね。 つまり、オーストラリアの4月は春ではなく秋ということです。 暑い夏の日が続き、秋のさわやかな陽気が続く中、旅行にはもってこいの季節です。半袖だと少し肌寒いかもしれませんが、まだコートは必要なく、薄手のジャケットで気軽に景色を楽しむことができます。

ベストシーズン
10月、12月
日本との時差
-1時間 ~ +2時間
飛行時間(東京発)
約10.2時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約1514円

ドイツ

ドイツ

ドイツ観光の定番は、ノイシュヴァンシュタイン城やケルン大聖堂などの歴史的建造物や街並みを訪れることです。 ロマンチックな風景を求める方には、ルート沿いの中世の街や城はドイツツアーのハイライトの一つとしておすすめです。 一方、ドイツはソーセージやビールの名産地として知られていますが、毎年聖ヨハネの日に外せない食べ物は、4月中旬から6月24日までの期間限定で販売されているシュペーガー(ホワイトアスパラガス)です。ドイツでは「王の野菜」「食べられる象牙」と呼ばれています。 4月はドイツ旅行に最適な時期です。ドイツ人が待ち望んだ春の味覚が味わえる季節です。

ベストシーズン
-
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約13.6時間
期間(東京発)
約7日間
価格(東京発)
約21~25万
外食一回
約1247円

カナダ

カナダ

ベストシーズンは6月から9月と言われていますが、この時期は観光客が多いです。この混雑時期を避けたいのであれば、4月や5月の訪問がおすすめです。カナダは自然の美しさを楽しめる国なので、この春の季節に訪れて、草花や木々の自然を楽しむのもいいですね。 そして、オーロラを見るのに最適な月は、4月にカナダのイエローナイフを訪れることです。ここでは4月が1年で最も日照時間が長いので、3泊すれば必ず1度はオーロラを見ることができますし、寒いところが苦手だけどオーロラを見たいという方は、この素晴らしい時期を見逃さないようにしましょう。

ベストシーズン
7~8月
日本との時差
-16時間 ~ -11.3時間
飛行時間(東京発)
約10.5時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約1359円

グアム

グアム

グアムの4月は、一年のうちで最も訪問者が少なく、日差しが強い日で、キリスト教徒にとって非常に重要な「イースター」と並んで、街に活気を与えてくれるので、お祭りムードに浸りたい方には非常におすすめです。 景色は梅雨の時期よりもカラフルで、太陽の光を伴っていて、天気は乾燥していて湿度が低く、あらゆる種類の野外活動を容易にし、太陽を楽しんだり、ビーチで遊んだりします。

ベストシーズン
-
日本との時差
+1時間
飛行時間(東京発)
-
期間(東京発)
-
価格(東京発)
-
外食一回
-

チェコ

チェコ

イースターやイエス・キリストの復活祭などの伝統がある国、特にチェコ共和国のプラハでは、毎年世界中から観光客が訪れる巨大なイースターマーケットが開催されています。 イースターエッグだけでなく、伝統的な手工芸品を販売する屋台や、食料品や食べ物の屋台も多く、お祭り気分で賑わっています。 街を散策すると、どの家も愛らしい装飾が施され、様々な色で埋め尽くされていて、4月にしか味わえない光景が広がっています。

ベストシーズン
-
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約12.4時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約644円

デンマーク

デンマーク

デンマークといえばコペンハーゲン。コペンハーゲンは王宮や活気のあるおしゃれな街として人気があります。北欧デザイン満載の建築は、デンマークの街並みで見ることができます。デンマークのデザインスタイルは、日本人女性に人気のものが多いです。
デンマークは大自然の国で、4月の気温は10度から25度まであり、春の空気はすがすがしく、暖かいです。4月末までには、デンマークの首都コペンハーゲンの繁華街に位置し、20エーカーの面積をカバーするチボリ公園がオープンします。「おとぎ話の街 」として知られるデンマークの有名な遊園地です。園内には春の訪れを祝う花々が咲き始めています。長い北欧の冬の間、誰もが季節の始まりを待ちわびています。
デンマークではイースターが大型連休で、学校や職場が休みになります。また、イースターの到来は、長い冬の日が過去のものになりつつあることを意味し、希望の象徴は春の到来であり、デンマーク人は家族で旅をして楽しむことでしょう。

ベストシーズン
-
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約12.2時間
期間(東京発)
約6日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約2095円

ベストシーズンカレンダー

1
Jan
2
Feb
3
Mar
4
Apr
5
May
6
Jun
7
Jul
8
Aug
9
Sep
10
Oct
11
Nov
12
Dec