スローガン
Loading...

歴史を感じることができる海外旅行

うみごえ編集部

有名な歴史文化都市とは、比較的豊かな歴史文化遺産を持つ都市で、物質的・精神的文明の代表的なものであり、国や国家の象徴であり、活力のある都市のことをいいます。ガイドブックや歴史小説、テレビなどで憧れたことがある人もいるかもしれませんが、実際に行ってみると、まったく別の領域にいるかのような感動を覚えること間違いなしです。

シェア

イギリス
フランス
スリランカ
ネパール
オーストラリア
モロッコ
ミャンマー
キューバ
ポーランド
中国
ロシア
ラトビア
エストニア
チェコ
スロバキア

イギリス

イギリス

イギリスは、貴重な建築物や雄大な景観を持つ国ですが、同時に歴史と伝統の深い国でもあり、魅力的な都市や史跡が多く、歴史の深さや自然の美しさを感じることができます。

ロンドン、エディンバラ、オックスフォードやケンブリッジの大学都市、趣のある街ヨーク、シェイクスピアの本場ストラットフォードなど、世界的に有名な観光地が多くあります。 また、イギリスには湖水地方を含む数十の国立公園や景観保護区があります。 現在、国連は、ロンドン塔をはじめとする世界の文化遺産や自然景観のうち、14件をリストアップしています。 どれも個性的な特徴を持っており、観光客に大人気です。

大英博物館は世界でも有数の有名な博物館で、800万点近くの所蔵品があります。 エジプトのミイラから中国の骨董品まで、最盛期の大英帝国は世界中の財宝を発掘していました。 時間があれば1日ここで過ごしても飽きることはありませんが、10分しかない場合は、そのままママの部屋に向かいましょう。

街の中心部にある死火山の上に立つエディンバラ城は、6世紀にまでさかのぼり、王宮、軍事要塞、刑務所などの役割を果たし、スコットランドの歴史を物語るものであり、世界遺産にも登録されています。 エディンバラの街の高台にあり、お城からエディンバラの街を一望できます。 城内には古い大砲、時計台、牢獄、大広間、戦争博物館、宮殿などがあり、オーディオツアーを借りて歴史を学ぶことができます。 エディンバラに行くなら、地下の深層を探索し、イギリスの歴史のダークサイドを体感できるウォーキングツアーがおすすめです。あるいは、ホラー好きの方には、エジンバラのゴーストバスツアーがおすすめです。

世界で最もオーソドックスな王室の一角を垣間見ることができ、女王の執務室と住居を見学し、宮殿広場の前で衛兵の交代を見学することができます。 バッキンガム宮殿はイギリスの王宮であり、ロンドンにある女王の執務室兼住居であると同時に、王室の行政本部でもあり、現在も現役で使われている数少ない王宮の一つです。 衛兵交代を見るのにも最適な場所です。ステートルームとボールルームは、豪華絢爛な装飾が施され、貴重なコレクションが展示されていますが、女王がスコットランドを訪問する夏の間は、19のステートルームのみが公開されています。 女王が宮廷にいるときは、王室の外で王旗を掲げます。

エディンバラ城の外にあるビッグ・ベンもまた、ロンドンのクラシックなアイコンの一つで、テムズ川のほとりにクラシカルなエレガンスで佇んでいます。ビッグベンは、1858年にテムズ川のほとりに建てられたイギリス国会議事堂の北端にある時計塔にある、高さ100メートル近くの大きなチャイム時計です。イギリスへの訪問者のほぼ全員がここに写真を撮りに来ています。時計台は15分ごとにクラシックでメロディアスなウェストミンスターのチャイムを鳴らし、1時ちょうどにはより深く響くチャイムを鳴らします。

ハイドパークはイギリス最大の王立公園で、緑豊かな森林地帯や活気あふれる川など、イギリスらしい暮らしを体験できる場所です。 公園内には木々や川、スピーカーズコーナー、乗馬コース、ダイアナ妃記念噴水などがあり、天気の良い日には多くのロンドン人がここでのんびりと過ごすことができます。ハイドパークは、サーペンタインとロングウォーターに隔てられた大きな公園で、湖の西側にはケンジントンパークがあります。

イギリスのバースの南東、サルスベリー平原の広がる荒野に円柱状の石が多数立ち並ぶ、イギリス諸島で最も有名で神秘的な先史時代のモニュメント、ストーンヘンジ(Stonehenge)。 西暦1130年、イギリス人の僧侶が外出先でストーンヘンジを発見し、その平均重量は30トン近くにもなり、その配置や具体的な用途は今でも謎に包まれています。

テムズ川の北岸に位置するウェストミンスター・アビーは、イングランドの国教会であり、ウィリアム王子の結婚式をはじめ、国王の戴冠式や王室の結婚式が行われてきた場所でもあります。 王室のメンバーのほか、ニュートンやチャーチルなど多くの著名人が埋葬されているイギリスの国葬陵でもあります。 ゴシック建築の傑作この荘厳な教会は、ゴシック建築の傑作であり、壮大でありながらも重厚で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ベストシーズン
-
日本との時差
-8時間
飛行時間(東京発)
約13.3時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約1645円

詳細をみる


フランス

フランス

フランスはヨーロッパのロマンスの中心地であり、長い歴史と文化の豊かな史跡や田園風景が世界中の旅行者を魅了しています。花の都パリ、美しく魅惑的なコート・ダジュール、アルプスのスキーリゾートは、どれも魅力的な目的地です。 エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼなどの史跡やショッピング街があり、人々はここに集まります。

フランスでは、ルーブル美術館やノートルダム寺院を中心としたパリのセーヌ・リヴィエラ、ヴェルサイユ、フォンテーヌブロー、ストラスブール、モンサンミッシェル、シャンボールなど、国連が世界文化遺産・自然遺産に登録している景勝地が20ヶ所以上あります。

エッフェル塔は、フランス・パリのシャン・ド・マルス広場にあるスケルトン構造の鉄塔で、1889年に完成しました。 斬新なデザインで世界建築史に残る技術的な傑作であり、フランス・パリの重要な観光スポットであり、著名なシンボルとなっています。 各階にはバーやレストランがあり、パリの街並みを一望しながらくつろぐことができます。 晴れていれば、最大70kmもの距離を見渡すことができます。 ニューヨークのエンパイアステートビル、東京のテレビ塔と並んで世界三大建築物の一つに数えられています。

世界三大美術館の一つであるルーヴル美術館には、想像を絶するほど豊かで貴重な美術品が揃っています。 この世界的に有名な芸術宮殿は、12世紀末に防衛目的で建設されましたが、増改築を繰り返し、次第に立派な王宮となりました。 16世紀以降、フランソワ1世が大量の美術品を収集したのは、歴代のフランス王がルーヴル美術館のコレクションを充実させたことに由来しています。

凱旋門は、フランス・パリのシャルル・ド・ゴール広場の中央にあり、1806年にナポレオンが1805年にロシアとオーストリアの連合軍に勝利したことを記念して建設されました。 ナポレオン転覆後、凱旋門計画は途中で頓挫した。 ブルボン王朝打倒後、建設が再開され、1836年にようやく完成しました。 パリの12の通りは凱旋門を中心にして、すべての周りに放射、壮大な、ヨーロッパの都市のデザインのモデルとなっています。

ノートルダム・ド・パリは1345年に建てられました。 ユーゴーの同名小説で有名なだけでなく、パリで最も古くて立派なカトリック教会だからです。 このゴシック様式の巨石建築は、200年前に建てられたもので、パリで最も古く、最大かつ最高の建築物であるカトリック教会であり、ヨーロッパ建築の歴史のランドマークとなっています。 教会は正方形で荘厳な形をしています。

セーヌ川はフランス最大級の河川で、パリの街中にある長さ約20kmの川です。 パリを流れるセーヌ川の北岸は「右岸」、南岸は「左岸」と呼ばれることが多い。 今や左岸は地理的な用語だけでなく、芸術的な若者や様々な企業の登録商標にもなっています。セーヌ川沿いをクルーズして、ルーブル美術館、グラン・パレとプティパレ、オルセー美術館、ノートルダム寺院、エッフェル塔などの名所を見学します。

ラ・デフォンスの凱旋門は、パリの西に位置するラ・デフォンスのビジネス街にある有名な歴史的軸の端に位置し、エッフェル塔と並んでフランスで最も影響力のある近代的な建物の一つです。 凱旋門は1989年7月14日、フランス革命200周年を記念して盛大な軍事パレードが行われ、7つの工業化国家機構サミットの会場にも選ばれました。 1989年8月26日から外界への開放が始まりました。 凱旋門の完成後は、パリ市内を走る歴史的な軸線の一部となりました。

上記の他にも、フランスにはプロヴァンスなどユニークな観光地がたくさんあります。それに加えて、フランスにはたくさんの料理があり、有名なフランス料理は世界三大料理の一つに数えられており、フランス料理の深い影響力と長い歴史を物語っています。 フランスに行って、フランスのロマンを満喫してください。

ベストシーズン
6~8月
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約14.3時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約1621円

スリランカ

スリランカ

スリランカは観光資源が非常に豊富で、文化的な三角形の中心部には、人文科学の歴史的側面、ライオンロック、ダンブッラ寺院、ブッダの歯の寺院などがあり、全国の観光スポットの中からどれか一つを選ぶことができます。 高地に位置することから、かつてはイギリス人の避暑地として人気があり、現在でも古いイギリス式の家が多く残っています。

世界最大のレッドサファイアの埋蔵量を誇るこの島は、独特の地理的変化により、動植物が豊富に生息しています。島の北部には、アヌラーダプラ、ポロンナルワ、シギリヤライオンロック、ダンブラジャン寺院の4つの世界遺産があり、世界有数の遺産エリアを形成しています。 世界で最も高い仏塔、世界最古の菩提樹、最大の仏教寺院群、仏陀の遺物、素晴らしい自然の美しさがあります。

カンディはスリランカ文化を代表する都市で、お釈迦様の歯が納められている仏歯寺があるだけでなく、彫刻、建築、舞踊、音楽、絵画などの伝統的な様式が見られる文化の街です。

イギリス統治時代に開発された避暑地ヌワラエリヤの高地には、爽やかな気候とコロニアルな雰囲気が漂います。シンハラジャ森林保護区には、アウトドア派の旅行者が探索するための豊富な種と原生林の広大な敷地があります。

東海岸にはスリランカの大都市のほとんどがありますが、ここは西洋人の入植者が最初に到着して最高の発展を遂げた地域でもあるため、オランダ人によって建設された海岸沿いの小さな町ガレ砦や、ポルトガル人、オランダ人、イギリス人の首都コロンボなど、都市の街並みは植民地時代の建築物で溢れています。

スリランカの高級レストランやブティック型の宿泊施設のほとんどは、宝探しをする観光客に便利なジュエリーショップなど、南西部の海岸沿いの都市群に集中しています。

ベストシーズン
-
日本との時差
-3.7時間
飛行時間(東京発)
約14.9時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約144円

ネパール

ネパール

ヒマラヤ山脈を背にして、ネパールには、8844.43のエベレスト山から海抜100メートルの南の平原まで、8000メートルを超える8つのピークがあり、地理的特徴の最大のスパンで、ネパールでは、半袖を着て、広大な雪山を見上げて、それがいかに素晴らしいかを考えています。ネパールには長くて素晴らしい歴史と文化があり、いくつかの王朝がネパールに輝かしい遺産を残しています。 ネパールのルンビニは、神々の国と呼ばれるヒンドゥー教を国教とする世界で唯一の国教である釈迦牟尼仏の生誕地です。 ネパール人の寛容な性格は、ヒンドゥー教と共存する他の宗教も受け入れています。

ネパールは、世界中の旅行者の心の中で最も重要な旅行先の一つです。カトマンズ、パタン、バクタプールの3つの古代王国は、ドゥルバール広場、モンキー寺院、パシュパティナート寺院、ボダナートなど、世界的な文化遺産を数多く残しています。 ネパールはトレッキングの楽園でもあり、ポカラ周辺やエベレスト地域では多くのトレッキングルートが確立されています。 ネパールは急流ラフティングやパラグライダーなどのスポーツの楽園でもあります。 ロイヤル チトワン国立公園では、旅行者はベンガル トラや野生のサイを探索することができます。 ネパールの自然と文化的景観の多様性、ネパールの人々の温かさと親しみやすさは、訪問者にとって最も忘れられない経験となるでしょう。

1979年、ユネスコはカトマンズ渓谷の7つの遺跡を世界遺産に登録しました。その理由は、ネパールがアジアの偉大な文明の交差点に位置し、ヒンドゥー教と仏教、王族や住民の住居、ネパール芸術の様々な側面を反映しているからです。

また、ネパールは世界で唯一のヒンドゥー教の国です。 ヒンドゥー教の寺院やパゴダは、3歩でお寺、5歩で大きなお寺と、驚くほどの数と密度でこの国の特徴となっています。 これらの構造物はすべて何世紀もの歴史をかけて作られたものです。 ざっと見積もっても、ネパールには3億3千万人の神々と女神がいて、人口2千3百万人を超えています。

ヒマラヤ山脈の麓にあるネパールは、標高8000メートルを超える8つの山があり、「山の王国」と呼ばれています。 ネパールは世界中の登山家にとっての楽園であり、プロの登山家のように世界最高峰に挑むことができなくても、後悔することはありません。 ネパールの山岳地帯は、トレッキング愛好家に数ある比較トレッキングルートの中から幅広い選択肢を提供しており、毎年7万人以上の海外旅行者が「山の王国」の美しさを徒歩で楽しんでいます。

特殊な地理的位置と高低差が美しい自然生態景観を作り出しています。 980平方キロメートルのチトワン国立公園には、さまざまな野生動物が生息しています。 絶滅の危機に瀕している一角サイは400頭以上いますが、運が良ければ一角サイと対面できるかもしれません。 ネパールのベンガルトラの3分の1がここにも集中しています。 水牛の群れが散歩している姿も見られます。 チトワンでジャングルアドベンチャーを体験するには、アフリカやアマゾンのように遠くに行く必要はありません。

ベストシーズン
4月、10月
日本との時差
-3.5時間
飛行時間(東京発)
約7.8時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約226円

オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアは世界で唯一、大陸全体をカバーする国であり、世界で6番目に大きな国です。 この広大な大陸には、建築の傑作から世界最古の熱帯雨林まで、19の世界遺産があります。 地球上で最も古い熱帯雨林から、世界の陸地の3分の1を占める海洋保護区まで、さまざまな種類があります。

オーストラリアの重要な世界遺産に登録されている建物には、シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)、メルボルンのロイヤル・エキシビション・ビルディング(Royal Exhibition Building)、カールトン・ガーデンズ(Carlton Gardens)、オーストラリアの刑務所跡などがあります。

シドニー・オペラハウスでは、オペラ、演劇、ダンス、音楽、子供向けプログラムなど、毎年1,000以上の公演が行われており、国際的に高い評価を受けている多くのアーティストが出演しています。 来場者は、オペラハウス・キッチンや便利なラング・レストランで食事を楽しんだり、ショーの前にオペラハウス・バーでお酒を飲んだりすることができます。

冒険好きの方には、ポートアーサー史跡は必見です。ポート・アーサーでは、「死者の島」や「ポート・アーサー・ゴーストツアー」、「ポート・アーサーからの脱出」など、様々なツアーをご用意しています。これらのツアーでは、「世界の果て」にあるこの小さな島の歴史を別の方法で知ることができます。

約2万平方キロメートルに及ぶカカドゥ国立公園は、5万年前に遡る自然の美しさと先住民族の文化が融合したユニークな場所です。 2,000種以上の植物、オーストラリアの淡水魚の3分の1、鳥類の3分の1を見つけることができ、壮大なロック・アートを通してアボリジニの精神、伝統、神話を知ることができます。

ウルル=カタ・ジュタ国立公園には、探索する価値のある観光地がたくさんあります。 その中でも「オーストラリアの心臓部」と呼ばれるウルルから約40km離れた場所にあるカタ・チュタは、約5億年前に形成された世界最大の単一のボルダーであると科学的に推定されています。 先住民であるアナング族の心には、ウルル とカタ・トジャッタがとても大切にされており、彼らにまつわる多くのドリームタイムの伝説が代々受け継がれています。 私たちの前に立っているのは、地質学者たちが信じているウルルの「氷山の一角」に過ぎず、深さ6キロのところに埋まっています。

3000キロ以上にも及ぶグレートバリアリーフは息を呑むほどの美しさで、宇宙から見ることができる世界で唯一の生態系です。 グレートバリアリーフの青い海には、400種以上のサンゴ、30種以上のクジラやイルカ、世界に7種あるウミガメのうち6種、数千種の魚類、3,000種以上の軟体動物など、驚くべき海洋生物が生息しており、これらすべてがグレートバリアリーフの豊かな海中世界を構成しています。

ベストシーズン
10月、12月
日本との時差
-1時間 ~ +2時間
飛行時間(東京発)
約10.2時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約1514円

モロッコ

モロッコ

モロッコ王国は、アフリカ北西部に位置する国で、国土面積は459,000平方キロメートル。 東と南東にアルジェリア、南に西サハラ、西に大西洋、北にスペインと国境を接し、ジブラルタル海峡を挟んで地中海から大西洋への玄関口に位置しています。 モロッコは世界的に有名な観光地であり、その多くの歴史的建造物や素晴らしい自然の美しさに毎年何百万人もの観光客が訪れています。 首都ラバトは、ウダヤ城やハッサンモスク跡、ラバト宮殿などの有名な観光地があり、絶景の街です。古都フェズはモロッコ第一王朝の建国の都で、イスラム建築の精巧さで有名です。 古都マラケシュ、カサブランカの「白い城」、美しい海辺の街アガディール、北部のタンジール港なども人気の観光地です。

ラバトはモロッコの首都であり、歴史ある街です。 国の北西部に位置し、大西洋に面しています。 気候は一年中穏やかで、ビーチも柔らかい。 旧市街は中世のアラベスク風の外観で、城壁や市場、モスクに囲まれています。 市の南東部には高さ69メートルのハッサン塔のある有名なハッサン・モスクがあり、北部にはカスバ・ウダヤ城、典型的なアラブの宮殿であるラバト王宮、古代博物館、モロッコ美術博物館、考古学博物館があります。

北西部に位置する歴史ある都市テトゥアン。 紀元前9世紀にはアラブ人が居住し、14世紀にはマリニード朝によって要塞化されて建設され、1860年と1913年にスペイン人によって破壊された後、1956年にモロッコに返還されました。 現在の古都跡には、3つの城壁、7つの門、36のモスクと礼拝堂があります。 街には庭園や噴水、修道院がたくさんあります。

メクネスはモロッコの4つの王都の一つで、イスラム教の聖地です。 10世紀に建設され、11世紀にはムラービ王朝の要塞となり、1673年にはマラケシュの四大王都の一つに指定され、有名な観光地となっています。 モロッコの南西部に位置し、「南の真珠」と呼ばれています。 歴史的にはサハラ砂漠を通るキャラバン交易路の起点となっており、交通の便の良さが重要視されています。 旧市街は1062年に設立されました。 有名なモニュメントには、クトゥビア・モスク、古代の霊廟、古代王宮、アラビア広場などがあります。 アル・アクダールのオリーブ畑は700年以上の歴史を持つほか、16世紀のサーディ王朝のドーム型陵墓、19世紀のベイシア宮殿、ダヒサイード博物館などがあります。 アトラス山脈の東側郊外では、雪と滝の息を呑むような景色を楽しむことができます。

モロッコの古都タンジールは、人気の観光地であり、レクリエーションの場でもあります。 モロッコの北端、大西洋から地中海への入り口に位置し、地中海と大西洋の国際航路の交差点に位置する戦略的な場所です。 紀元前6世紀にフェニキア人によって創設された。 市は海岸沿いの丘陵地に位置し、10キロ以上伸びるビーチ、美しい景色、穏やかで快適な気候に恵まれています。 旧市街には、大ソコル広場、カスバ城、スルタン宮殿などアラブ建築が多く残っています。

アガディールは国際的な観光地であり、モロッコ南西部の沿岸都市である。 西暦1505年から西暦1541年までポルトガルに占領されていたが、1913年にはフランス軍に占領され、1914年には港として再建され、1960年には強い地震の被害を受けた。20年以上の再建期間を経て、国家様式と各国の建築芸術のコレクションを備えた真新しい都市になりました。 街並みが整備されていて、周囲の環境も美しく、道幅も広い。 過ごしやすい気候で、天然のプールがあります。

フェズは4つの古代王室都市の一つです。 イスラム教の聖地です。 モロッコの北部に位置しています。 モロッコで最初に設立されたアラブの都市。 メディナとも呼ばれる旧市街は790年に建立され、北アフリカ最古のカラウィン・モスクやイドリス2世の霊廟など、イスラム教の城や宮殿、その他の文化的遺物が多く残っています。 イスラム建築や花木、「聖水」と呼ばれる泉が有名です。

ベストシーズン
-
日本との時差
-8時間
飛行時間(東京発)
約15.7時間
期間(東京発)
約7日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約343円

ミャンマー

ミャンマー

千年の歴史と数え切れないほどのモニュメントがあるミャンマーは、パゴダの国であり、美しい景色と人が少ない場所です。この国に来ると、まるでタイムワープしたかのような気分になるかもしれません。ミャンマーの自然景観や仏教の伝統は今でも原始的な伝統を残しており、息をのむような風景がたくさんありますので、ぜひ探検してみてください。

ヤンゴンはミャンマー全土で最も栄えている都市で、都市人口の半分近くを占めています。 ここの人たちは仏教が大好きで、素朴で親切で、いつも笑顔が絶えません。ヤンゴン市は、東にペグ川、南にヤンゴン川、西には海に注ぐイラワジ川の一つであるライ川と、三方を水に囲まれています。 南側からヤンゴン川に接し、東西を挟んで川沿いに北に伸びているのは、真っ直ぐで広々とした通りに満開の花畑があり、歩道には緑が立ち並ぶ賑やかな商業地区です。 市内の市民建築物は伝統的なビルマ様式ですが、洋風の建物も多く見られます。 政府の建物、中央銀行、税関、ヤンゴン駅、郵政・電信ビルなどはいずれも英国式で、ヤンゴンは東南アジアで最も旧植民地時代の建物が多い都市である。

マンダレー(Mandalay)は、ビルマで2番目に大きな都市で、最後の帝国都市であり、アッパービルマの経済の中心地でもある。 マンダレーエリアは国連の世界遺産に登録されており、見所のある史跡がたくさんあります。 市の西側にはイラワジ川が流れており、市内の道路は直線的で横長、数字を通り名にしています。 かつては複数の古代王朝が都を築いた場所であり、多くの華僑が集まる街でもありました。 ビルマの歴史上有名な古都アバがすぐ近くにあることから、ビルマの駐在員からは「アバ市」と呼ばれています。 マンダレーの建物のほとんどは第二次世界大戦中に破壊され、古代の王都とその塔だけが残っています。

バガンはビルマのパゴダの首都。 バガン市内のパゴダや仏教寺院は、ビルマの様々な歴史的時代に建てられてきたもので、ビルマで働く人々の知恵と創造性が反映されたビルマ古来の建築芸術の縮図であり、ビルマの貴重な歴史文化遺産となっています。 歴史的な変化や地震の影響で、バガンはかつての栄光を失ってしまいましたが、現在も残る大小2,000もの仏塔や仏教遺跡は歴史の証しとなり、観光客を魅了しています。 バガンは、その何千ものパゴダで畏敬の念を抱かせます。 パゴダの木立の上に沈む夕日を眺めたり、馬車に乗って有名なパゴダを見たり、熱気球に乗って数千のパゴダの上を走ったり、自転車でパゴダの中を走ったり。

アンダマン海の東岸、タンラーオ群島の近くに位置し、ミャンマー南東部のトリンデー師団の都市である。 タンラオ群島は、タンラオ市の中でも最も人気のある観光地です。 タンラオは、外の世界から忘れ去られた小さな世界です。 アンダマン海に位置するこの列島には、約800の島々があり、モウケン族が住んでいます。 長い間孤立していたこの群島は、最も手つかずの状態で、鮮やかで純粋なブルーの海と深い砂州の淡い緑色の浅瀬があります。 この地に住むモーケンの人々は、古代からの伝統と生活様式を今日まで守り続けています。 民族の中でも最も原始的なものを体験したい方にはおすすめの旅行先です。

インレー湖はビルマの都市ではなく、インレー湖の住民の祖先は、12世紀前に外国の王たちが戦争に敗れてインレー湖周辺に追放されたトゥワ族と言われています。 彼らは生き残っただけでなく、海の上に独自の家を築いた。 インレ湖のどの家にも玄関にボートが結ばれていて、地元の人たちは子供の頃から徒歩で漕いでいたそうです。 お祭りの時期には、インレ湖の住民によるボート競技会も開催され、湖の絶景を楽しむことができます。また、インレ湖には、天然の浮島と人工の浮島の2種類の浮島があり、陸地が水面に浮かんでいることでも有名です。また、インレー湖はミャンマーでも人気の観光地の一つです。

ベストシーズン
1~12月
日本との時差
-2.7時間
飛行時間(東京発)
-
期間(東京発)
-
価格(東京発)
-
外食一回
-

キューバ

キューバ

多くの人にとってキューバといえば、クラシックカー、葉巻、モヒートの代名詞です。 しかし、キューバを知っている人にとっては、それ以上のものです。 この美しいカリブ海の島は、まるでヴィンテージワインのような豊かな味わいで、驚きが止まりません。

16世紀にキューバの首都の港に建てられたモーロ城は、隣にそびえ立つ灯台とともに、ハバナ、さらにはキューバのランドマークとされています。

ハバナは人気の観光地ですが、キューバにはレメディオス、シエンフエゴス、テニリダ、カマグエイなどアメリカ大陸で最も古い都市があり、ユネスコの世界遺産も数十件あります。

5世紀以上の歴史があるということは、キューバに点在する建築物は、植民地時代のものとバロック以前のもの、近代的なものとポストモダンなものがあり、それぞれの都市のスタイルの多様性が魅力的であることを意味しています。

1511年にスペイン人入植者によって設立されたキューバ東部の最初の村バラコアから、1514年にキューバ初の首都となり、現在では第2の都市となったサンティアゴ・デ・キューバまで、様々な素材や形の石の柱、ドーム、バルコニー、手すり、道路が、レンガや石の一つ一つに秘められた物語や秘密を呼び覚ましています。

さらに、キューバの音楽、ダンス、演劇、映画、ガストロノミーは、このカリブ海の島の歴史、文化、自然、社会、ホスピタリティを発見するために訪問者を鼓舞します。

ベストシーズン
1~12月
日本との時差
-13時間
飛行時間(東京発)
約26.7時間
期間(東京発)
約5日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
-

ポーランド

ポーランド

ヨーロッパの真ん中に位置するポーランドは、ニッチなヨーロッパの旅行先と思われがちですが、偉大な音楽詩人ショパンや14の世界文化遺産・自然遺産、神秘的な古城の数々などがあります。これらの城は、大小を問わず、それぞれに特徴的で長い歴史を持っており、中には興味深く興味をそそられるストーリーを持っているものもあります。

ポーランドを訪れた際には、花々が咲き乱れ、優雅でロマンチックな街並みが広がる、ヨーロッパでも有数の活気に満ちた街、ワルシャワの生まれ変わった街をぜひ見てみてください。ヨーロッパには多くの古代都市がありますが、ポーランドは真新しい都市で、教会や宮殿、城などヨーロッパ風の建築物が多く、古代都市をモデルにしたものが多いです。

細かく見学した後は、お城の広場からウィスワ川を見下ろすことを忘れずに、この1枚でショパンの影を必ず感じることができる素晴らしい景色です。

クラクフの街は知らないかもしれませんが、アウシュビッツのことは聞いたことがあるはずです。強制収容所の近くにある中世ヨーロッパのロマンチックな街で、戦争で破壊されたワルシャワとは違い、奇跡的に戦争を生き延びた街で、ルネッサンス建築があり、古典的でロマンチックで、景色は絶対に一級品です。伝説では、ヒトラーが街が美しすぎて爆撃されないと見たために生き残ったということで、王宮や大聖堂をはじめ、当時の大学などヨーロッパ風の建物が多く保存されており、一見の価値があります。

ベストシーズン
7~8月
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約12.3時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約21~25万
外食一回
約696円

中国

中国

中国は世界最古の文明の一つであり、多くの史跡や景勝地があります。これらの有名な山や川の中を散策すると、一方では大河や山の素晴らしさを、他方では深い歴史や文化を鑑賞することができます。

当然のことながら、中国で最も有名なのは万里の長城です。万里の長城は、西は甘粛省の嘉峪関から東は河北省の山海関まで延びる重要な軍事要塞で、全長は12,700マイルです。 万里の長城は紀元前7世紀から紀元前16世紀の間に建設されたもので、7世紀から16世紀の間に各王朝が建設した2,000余りの万里の長城を合わせると、その全長は10万華里(5km)を超え、地球の赤道を複数回周回することができます。エジプトのピラミッドのように、万里の長城は中国の象徴的な歴史的モニュメントです。中国の諺に「長城に来ずして英雄にはなれず」というのがありますが、世界中の旅行者はピラミッドを見ないのはエジプトに行ったことがないのと同じで、万里の長城に登らないのは中国を見たことがないのと同じだと言います。

北京の中心部に位置する紫禁城は、古代の皇室の宮殿が集まった荘厳な複合施設で、世界最大の皇室です。宮殿の前半は、皇帝が宮廷を支配し、軍人や民間の大臣、外国の大使を迎え入れる高い複合施設で、ハーレムは皇后とその妾たちが住む小さな中庭のシリーズで、最後に精巧な皇室の庭園がありました。現在、各宮殿には、かつて皇后が執務や生活に使用していた様々な設備や道具が展示されているほか、中国の各王朝の貴重な宝物を展示するための特別な宮殿の部屋もあります。膨大な数の宝物や文物があり、複合施設自体が真の博物館となっています。

天壇は、500年以上前に明・清の皇帝が天に生け贄を捧げる場所として造られた巨大な王宮庭園です。 中国独特の柱と梁の木造構造方式の代表的な建物です。天壇のもう一つの見どころは、エコーウォールです。 円形の壁の中では、2人の人が壁の根元に立って、1人が他の人にささやき、音波は連続的に反射され、壁に沿って送信され、他の人は壁に対してはっきりと聞くことができます。500年前の中国人による音響原理の工夫です。

1970年代、西安の秦の始皇帝陵近くの地下に埋もれていた2200年前の兵馬俑の発見は瞬く間にセンセーションを巻き起こし、国際世論から「世界の八不思議」と呼ばれるようになった。 秦の始皇帝(紀元前221年~紀元前209年)は、中国で初めて中央集権的な権力を握った皇帝である。彼の霊廟の横には、本物の馬ほどの大きさのテラコッタの戦士が何千人もいて、当時の戦闘に使われていた様々な武器も展示されています。その後、青銅製の馬車や馬、戦時中の司令部を模したテラコッタの穴などが次々と発見され、数万点の文物が発掘されました。 テラコッタ製の武者や馬など、さまざまなスタイルの武者や馬が、軍隊の陣形に合わせて配置されており、まるで軍隊の準備ができているかのように、威風堂々とした表情を見せています。

中国ではチベットのポタラ宮を数えるほど神秘的な古代建築。 それはラサ市、マブリ山の北西の角に位置し、世界で最も高い標高、最大の宮殿の要塞の建物の複合体は、7世紀に建てられました。 13階建ての高さで、41ヘクタールの面積をカバーし、すべて花崗岩で造られ、1,000の宮殿の部屋があります。 ダライ・ラマの生き方、働き方、仏教の修行はすべてポタラ宮で行われてきました。 ダライ・ラマの遺骨を納める霊塔も宮殿内に置かれています。 宮殿内の経堂、像、彫刻、壁画、仏典の大規模なコレクションと無数の宝物は、高い歴史的、文化的価値を持っています。

2200年以上前に四川省に建設された都江堰は、世界初の大規模な水利事業でした。何よりもすごいのは、今でも国民のためにきちんと機能していることです。このプロジェクトは、民江を2つに分け、それぞれが治水・灌漑・航行機能を果たし、洪水の防止や排水機能を果たし、60万ヘクタールの農地に灌漑を行うものである。周辺には、福隆関、二王寺、吊り橋などの観光スポットもあります。

ベストシーズン
3月、11~12月
日本との時差
-3時間 ~ -1時間
飛行時間(東京発)
約4.8時間
期間(東京発)
約4日間
価格(東京発)
約6~10万
外食一回
約328円

ロシア

ロシア

ロシアといえば、ロシアの首都モスクワにある赤の広場を思い浮かべる人も多いでしょう。ロシアの歴史と現代性が見事に融合したロシアのシンボルです。赤の広場はモスクワで最も有名な広場で、ロシアの大衆が集いパレードを行う場所で、現在では市民や観光客の憩いの場となっており、毎年戦勝記念日にはここで軍事パレードが行われています。赤の広場はモスクワの歴史の証人であり、モスクワのシンボルでもあります。

サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館は、かつて皇后エカテリーナ2世の私設美術館だったが、現在ではロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館、ニューヨークのメトロポリタン美術館と並んで世界4大美術館の一つに数えられる。 国内外の美術品、絵画、彫像、絨毯、家具、工芸品など300万点以上を所蔵しており、古代ギリシャのボトルアート、古代ローマの彫刻、西ヨーロッパの美術品の3つのセクションを含む400の展示ホールとショールームを有しています。

東シベリア南部に位置するバイカル湖は、2500万年前のユニークな自然の驚異です。バイカル湖は地球上で最も古い淡水湖であり、世界で最も深い湖です。 バイカル湖はロシア最大の湖です。 世界の淡水資源の20%を保有しています。 バイカル湖の水は非常に透明度が高く、水中40メートルにも及ぶ物体が見えることもあります。 湖は、植物や動物の何千もの異なる種の家であり、そのうちの4分の3は、他のどこにも見られません。 絵のように美しい湾や斬新な断崖絶壁など、バイカル湖の独特の美しさは、ロシアのみならず世界各地から観光客を魅了しています。ロシアで最も人気のある観光地の一つです。

ロシアのシンボルである聖ヴァシリー大聖堂は、見事な色彩、手に負えないライン、玉ねぎの尖塔が特徴で、ロシア全土の教会のお手本となっており、おとぎ話のような雰囲気が漂っています。 大聖堂は9つの塔で構成されており、中央の塔を囲むように高い台座から色とりどりのフルボディの8つの塔がそびえ立っています。 モスクワから「全ロシアのツァーリ」と戴冠したイワン・テリブルを記念して建てられました。

クレムリンは、ロシア連邦のシンボルであり、大統領官邸のあるモスクワの中心部にある建物群です。赤い宮殿の壁に囲まれた不規則な三角形の形をした複合施設は、「都市の中の都市」に似ています。 世界遺産にも登録されています。現在見学できる主な建物は、武器博物館、総主教の宮殿、被昇天大聖堂、聖衣寄託教会、イワン・テリブルの鐘楼などです。

ベストシーズン
-
日本との時差
-7時間 ~ +3時間
飛行時間(東京発)
約4.5時間
期間(東京発)
約4日間
価格(東京発)
約6~10万
外食一回
約679円

ラトビア

ラトビア

ラトビア共和国は、ヨーロッパ北東部に位置する国で、1991年に独立した旧ソビエト連邦の共和国の一つです。 西はバルト海に面し、北はエストニア、南はリトアニアとともにバルト三国と呼ばれています。東にロシアとベラルーシと国境を接している。 首都はリガで、ヨーロッパで最も精巧な「アール・ヌーヴォー」建築様式の中心地とされています。リガの街には、ブラックヘッド ハウス 、ドーム教会、市庁舎広場、聖ヨハネ教会などの見どころがあります。 ラトビアはヨーロッパで最も広い滝、ヴェンタス・ルンバの滝、ジュルマラ・リビエラ、ヒグダとセシスの風景、民俗博物館、ロンダレ宮殿なども有名です。

古都リガの全体的な面積はあまり広くない。しかし、800年以上の歴史があります。リガの旧市街を歩いていると、建築物や街並みが西欧とほとんど変わらないことに気づくでしょう。ハンザ同盟の時代、リガの旧市街には黒頭一揆の家をはじめ、多くの歴史的な目印が残されています。リガ旧市街といっても、「古い」というのはリガ旧市街の長い歴史を指しており、建物は全く「古い」とは言えません。 どの建物も現代のものと比べて劣っているわけではありません。 それどころか、現代のものよりも魅力があります。リガでは琥珀色のジュエリーがとても綺麗で有名です。

ブラックヘッドハウス はラトビアの首都リガの旧市街にある建物です。 リガで最も豪華な建物の一つで、元の建物は14世紀初頭に建てられ、リガの未婚のドイツ商人によって結成されたギルド「黒頭一揆」に所属していました。 1580年から1886年にかけて、多くの装飾が加えられました。この建物は1941年6月28日にドイツ軍の爆撃を受けて廃墟と化し、その残骸は1948年にソ連政府によって取り壊されました。現在の建物は1995年~1999年に建て替えられたものです。ブラックヘッドハウス は、リガで最も豪華な建物の一つで、毎日写真を撮るために立ち寄る多くの観光客を魅了しています。

13世紀に建てられたリガのサン・ピエトロ大聖堂は、旧市街の中心部に位置するゴシック様式の建物です。バロック様式の鐘楼は1690年に建てられたもので、かつては世界で最も高い木造の教会の鐘楼でした。大聖堂は、焼失したり、揺れたり、屋根が崩れたりと、今日まで保存するのは容易ではありませんでした。1973年にようやく再建され、木造から金属製のものに置き換えて強度を高めました。

ベストシーズン
-
日本との時差
-6時間
飛行時間(東京発)
約11.0時間
期間(東京発)
約7日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約873円

エストニア

エストニア

エストニア共和国は、東ヨーロッパのバルト三国の一つで、西にバルト海、北にフィンランド湾に面し、南と東にそれぞれラトビアとロシアと国境を接しています。 エストニアは海に囲まれた美しい国として知られています。鬱蒼とした森に覆われた起伏のある海岸線は、海から日が昇り沈む。国内には1400以上の湖と1500以上の島があり、国土の半分以上が森林に覆われていることで有名です。宝石のように輝く湖や島々、中世のお城や国立公園、海辺のリゾート地など、見逃せない美しい景観の国として知られています。

エストニアはまた、多くのヨーロッパ諸国、特にスカンジナビア諸国フィンランドやスウェーデンの裏庭であり、タリン、ヘルシンキ、ストックホルムの間には、毎日いくつかの大型客船があり、美しい客船もバルト海の風景となっています。

同時に、控えめでエレガントなエストニアは、東欧と北欧のスタイルが見事に融合しており、白い夜が長く、中世のおとぎ話のようなスタイルで世界を魅了しています。

エストニアの首都タリンは人気の観光地で、古都タリンは1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。タリンはエストニア最大の都市であり、経済・文化の中心地でもあります。エストニアの北西部、バルト海フィンランド湾の南岸、リガ湾とコプリ湾の間に位置しています。三方を水に囲まれた景色は美しく趣があり、火事や戦乱で荒廃していますが、今もなお格別の風格を保っています。 ここに来て一番印象的なのは、息の中に歴史の味があることです。

エストニア第二の都市タルトゥは、かつては「ジュリエフ」と呼ばれ、エマイエギ川沿いに位置していました。この街には、エストニアで最も古く、最も有名な大学であるタルトゥ大学があり、ゆったりとした隠れ家的な雰囲気の中に巨大なキャンパスが広がっています。

サーレマーは、バルト海南東部のモアンジュンド群島で最大の島で、エストニアに属しています。島には緑豊かで多様な植物が生息しています。世界の植物の約8割がサーレマー島に生息しており、約1,200種の植物が生息しており、そのうち120種が北部の固有種で特別保護されています。島の森林の40%はほとんどが混生しています。また、昆虫からハンティングアザラシまで様々な種類の珍しい野生動物がいて、中でも小さいものでは、珍しい蝶やローマカタツムリがいます。

ベストシーズン
-
日本との時差
-6時間
飛行時間(東京発)
約17.1時間
期間(東京発)
約7日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約998円

チェコ

チェコ

チェコ旅行といえば、「善良な兵士シュヴェイク」や「クルテク〜もぐらくんと森の仲間たち〜」、プラハ広場を思い浮かべる人が多いと思います。

プラハ広場にはお店や明るい光があふれ、街を囲む広場には大小さまざまな建物や名前の建物が並んでいます。プラハの観光スポット第1位は、世界最大の古城。ボヘミアの王、神聖ローマ皇帝、チェコスロバキアとチェコ共和国の大統領は、すべてここに事務所を持っていました。 ここにはボヘミア王国の王冠が保存されています。城内には、セント・ヴィート大聖堂、旧王宮、セント・ジョージ教会、ゴールデン・レーンの4つの見所があります。

プラハにいるなら、活気に満ちた昔ながらの旧市街広場(Staromestske Namesti)を見逃すことはできません。プラハの中心地として知られるこの広場には、15世紀のチェコ改革派が命をかけて真理を守ったヤン・フスの像や、高さ80mのティエン双子塔教会、500年前の時計などがあります。広場の周りには人形やチェコのお菓子を売るキオスクがあります。

プラハ旧市街庁舎にある天文時計は、プラハの天文時計の中でも特に有名な時計です。 時計の芯が完成したのは1410年。時計の文字盤は、地球と空を表現した背景で描かれており、主に4つの動く円盤(干支円盤、チェコの古い時刻表、太陽と月)を備えています。

14世紀初頭に建てられたチェコの聖ヴィート教会は、旧市街のランドマークであり、旧市街で最も古く、最も大きく、最も豪華な教会であり、地元の人々の信仰の中心であり、街の発展の源でもあります。チェコ共和国にあるこの重要なゴシック様式の教会は、バロック様式のタッチで、ヴルタヴァ川のほとりに堂々と建ち、雲の上にそびえ立つ尖塔があります。

ベストシーズン
-
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約12.4時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約11~15万
外食一回
約644円

スロバキア

スロバキア

スロバキア共和国は、中央ヨーロッパに位置する内陸国で、南北に美しい風景が広がり、過ごしやすい気候で、歴史的・文化的な見どころや観光資源が豊富にあります。 また、スロバキアには、古代遺跡から保存状態の良い博物館のコレクションまで、世界で最も多くの城があります。 スロバキアはヨーロッパの中央内陸部に位置し、「ヨーロッパの中心地」と呼ばれています。スロバキアにはたくさんのことがあります。 有名なブラチスラバ城、ブラチスラバの旧市街、聖マルティン大聖堂、旧市庁舎、メイン広場などの観光スポットがあります。

これに加えて、スロバキアには9つの国立公園がありますが、その中でもハイ・タトラス=スデット国立公園が最も有名です。 自然は、ハイカーや自然愛好家のためのケイビングのための楽園であるスロバキアに恵まれています。

ベストシーズン
6~8月
日本との時差
-7時間
飛行時間(東京発)
約19.7時間
期間(東京発)
約8日間
価格(東京発)
約16~20万
外食一回
約624円