スローガン
Loading...
ブリュッセル
ブリュッセル
ブリュッセル

ブリュッセル

Brussels

行きたい
行った

ブリュッセル(Brussels、フランス語: Bruxelles、オランダ語: Brussel)は、ベルギーの首都であり最大の都市であり、欧州連合(EU)の主要な行政機関の所在地である。フランドル地方の首都であり、ベルギーのフランス語圏の中心地でもある。欧州連合の三大機関のうち、欧州委員会と欧州連合閣僚理事会はブリュッセルにあり、もう一つの重要な機関である欧州議会もブリュッセルに支部を置いている(本会議場はフランスのストラスブールにある)ことから、欧州の首都という評判を得ている。また、北大西洋条約機構の本部もブリュッセルにあります。その地理的位置から、第二次世界大戦後、欧州連合の政治的中心地となっています。特徴がない」というのがブリュッセルの最大の特徴だという人もいますが、実はそうではありません。歴史的には、北ヨーロッパのドイツ文明と南ローマ文明の衝突と統合であり、様々な支配者だけでなく、大きな変化がブリュッセルに多くの痕跡を残しており、よく保存されています。今日では、EUのオフィスの座席として、それはまた、ここで働いているEUと世界的な才能の数を集めて、ヨーロッパ文化のるつぼです。 ブリュッセルはバイリンガルの街です。ほとんどの人がフランス語を話し、一部のフラマン人はオランダ語を話します。道路名は一般的には両方の言語で表記されています。英語も比較的一般的な言語です。中心街はあまり大きくない。中央駅を出た後は徒歩で主要な観光スポットを巡ることができ、疲れた時には地下鉄や路面電車もあります。見どころは、市庁舎とその周辺の旧市街、大聖堂、王宮と庭園、主要な国家機関、様々な博物館などです。ここでは(歴史的な理由から)あまり行政計画が立てられていないため、通りは風が吹き荒れており、地図を持っている観光客は直感を頼りに、自分の道を見つけるのが難しいかもしれません。東側には、欧州委員会、理事会、議会などの国際機関、多国籍企業、大手研究機関などが拠点を置く欧州連合地帯があります。 中心街全体が芸術に溢れていて、19世紀のレオポルド2世をはじめとするかつての支配者たちは、大小さまざまな豪華な建物や宮殿を残しました。通りの多くは、今でも様々な世紀の家々が並んでいます。ルネッサンス、アールヌーボー、ネオクラシック、70年代のシンプルさ。その通りを歩いていると、まるでタイムワープしたかのような気分になります。絵画芸術が好きな方には、中世からルネサンス期のフランドルの画家、シュルレアリスムの画家ルネ・マグリット、漫画家のエルジュなどの作品を美術館で見ることができます。 ブリュッセルは、コミュニティの伝統を持つブルジョア都市でもあります。都市の中流階級は食べ物を愛し、生活の質を求めています。小さくても個性的で斬新なレストランやカフェは、常に進化を続けています。高級チョコレートや数百種類のビールのほか、ワッフルや白ワインで煮たムール貝、フレンチフライなどが観光客に人気です。

現地語
オランダ語、フランス語
ベストシーズン
7~8月
通貨
EUR
空港
ブリュッセル空港(BRU)
飛行時間(成田)
約12.4時間
物価
外食一回約1871円

所属国・ベルギー

Country・Belgium

ベルギー

ベルギーはヨーロッパの典型的な小国で、総人口は約1,100万人、社会福祉も充実しています。ブリュッセルから電車で1時間以内に主要な観光都市へ、3時間以内に国を離れることができます。現在、ブリュッセルと北部フランドル地方は、経済的に開発されており、長い歴史を持っており、よく保存されたモニュメントの様々な、市内観光の焦点となっています。ヴォーディヨン地方は、19世紀初頭のヨーロッパにおける産業革命の最初で最も重要な地域の一つであり、産業変革の過程を経てきました。 歴史的には、ローマ、フランス、スペイン、オーストリアのハプスブルク家、オランダが支配してきた土地です。 ヨーロッパの大国間の権力闘争の主戦場だった、今日もまだヨーロッパの政治的、外交的活動の中で最も活発な場所である、フランス、ドイツ、イギリス、その他の主要な大国の間に力の拡大と緩衝地帯である。ベルギーはまさに、北のゲルマン文明と南のラテン文明がぶつかり合って融合した場所であり、この二つの文明の分水嶺であり、これほどの葛藤を与えてくれるヨーロッパの国は他にはないでしょう。訪問者は買い物をすることができ、ヨーロッパの歴史と文化に興味を持って、料理を楽しむだけでなく、都市文明を体験し、様々な史跡や博物館を訪れることができます。この地域では伝統的に人間力や価値観の育成が重視されてきたため、ベルギー人は常にヨーロッパで最も影響力のある芸術家や科学者の仲間入りをしてきました。 ベルギーはヨーロッパの中でも比較的若い国です。特に、フランドル地方では、独特の社会的伝統や生活習慣があります。隣国に比べて、ベルギー人はゲルマン的な厳しさはあるが傲慢ではなく、保守的ではあるが完全にルールに縛られていない。ベルギーは、個人の価値観や自由を重視した寛容な社会でもあります。世界で初めて同性婚や安楽死を認めた国で、移民や異文化に比較的寛容な西欧の国です。

時間帯
GMT+2
日本との時差
-7時間
電源ソケット
C、E
電圧
230V
周波数
50Hz
信仰
-

ベルギーの詳細へ

人気スポット

Attraction List

小便小僧
小便小僧
Manneken Pis
3.8
小便小僧
オテルドヴィル
オテルドヴィル
Hôtel de Ville
4.3
オテルドヴィル
欧州議会
欧州議会
European Parliament
3.9
欧州議会
欧州委員会
欧州委員会
European Commission
4.1
欧州委員会

リストをもっとみる

こちらもオススメ

Recommend

ブルッヘ
ブルッヘ

Bruges

#マルクト

#ブルージュの鐘楼

#ブルージュ市庁舎

#聖血の高貴な会議

#聖母教会

ブルッヘ
アントワープ
アントワープ

Antwerp

#グランプラス

#Onze Lieve Vrouwekathedraal

#ブラボー噴水

#ヘットスティーンアントワープ

#ルーベンスハイス

アントワープ
ヘント
ヘント

Ghent

#ゲントの鐘楼

#聖ニコラス教会

#聖ミカエル橋

#グラーベンスティーン

#聖バーフ大聖堂

ヘント
ルーヴェン
ルーヴェン

Leuven

#ルーヴェンカトリック大学

#ビッグスクエア

#ルーヴェンオールドマーケット

#マルテラレンプレイン

#ルーベン市庁舎

ルーヴェン
リエージュ
リエージュ

Liège

#王子のビショップの宮殿

#ビューレン山の階段

#ビューレン山

#サンジャックルミヌール教会

#ビゼ

リエージュ
ナミュール
ナミュール

Namur

#ナミュール城

#ナミュールパレデコングレ

#ダルム広場

#ナミュールのベフロワ

#自然史博物館

ナミュール
ディナン
ディナン

Dinant

#ディナンの城塞

#シャルルドゴール橋

#聖母教会

#メゾンアドルフサックス

#アドルフサックス通り

ディナン
オーステンデ
オーステンデ

Ostend

#オステンドビーチ

#Oostende Pier

#オステンド駅

#聖ピーター&セントポール教会

#フォートナポレオンオーステンデ

オーステンデ
ハッセルト
ハッセルト

Hasselt

#シースルー教会

#日本庭園

#ジェネバー美術館

ハッセルト
トゥルネー
トゥルネー

Tournai

#ノートルダム大聖堂、トゥルネー

#トゥルネーの塔

#ベロイル城

#新石器時代のフリント鉱山

#ワロン地域の主要鉱山跡

トゥルネー
フランダース
フランダース

Flanders

#コルトライク

フランダース
シェア