スローガン
Loading...
人気スポット

台灣の人気スポット

全部
自然景観
ビーチ
公園・植物園
ギャラリー
建物
テーマパーク・遊園地・民俗村
修道院・寺
組織
教会
スポット体験
もっと

墾丁通り
墾丁通り
4.2
伝説の「墾丁通り」は、「墾丁国立公園パイラウ」から「墾丁シーザーズホテル」までの「墾丁通り」です。墾丁道路」の2キロ未満のこの短いセクションは、毎晩にぎやかな「墾丁大通り」に変換されますが、また、カラフルに飾られた墾丁の夜に、現在墾丁の観光客が夕方に訪問する必要がありますです。 周辺には様々なお店があります。夜市にありがちな楽しい遊びの他にも、ポーションの一時的な効果を利用して7~10日は体に残るようにするタトゥーも人気で、街中には居酒屋がたくさんあります。沿道には、カラフルなビーチシューズからビーチショーツの種類が豊富なものまで、海の味が詰まった個性的なお店もたくさんあります。
墾丁通り

Eluanbi公園は台湾の最南端に位置し、以前は海底の岩礁として知られているので、公園のサンゴ礁、公園全体の石灰岩の地形、波、強風や雨の浸食、巨大なサンゴ礁、奇妙なピーク、洞窟や他の驚異に起因する。登山道は十字路になっており、グッドマン石、滄海亭、義義義村、幽谷、鶯賓亭などの景勝地に行くことができます。園内の遊歩道は迷路のように交差しており、ハオハン石、滄海亭、もう一つの村、鶯賓亭などの景勝地はどこを見ても魅力的です。 台湾八景の一つである灯台があることで有名です。公園内にはサンゴ礁や石灰岩の地形、奇岩やギザギザの岩、園内を横断するトレイルが点在しています。公園のロゴのための鵝鑾鼻灯台、高さ18メートル、周囲110メートル、塔の基部を砲台にして、塹壕に囲まれた銃穴のあるフェンス、世界で唯一の武装灯台。白い塔は5つの階に分かれていて、1階は灯油を貯めるためのフロア、2階は緑の銃、3階は外国人が休むためのフロア、4階はガジュマル砲を装備したフロア、5階は光源があるところです。第二次世界大戦末期には爆撃を受けて破壊されましたが、その後再建され、新型の大型四等回転レンズ電灯に交換され、現在では台湾で最も強力な灯台となり、「東アジアの光」と呼ばれています。また、灯台の横には巨大な像があり、観光客が鑑賞できるようになっています。巨大な像の前には「台湾八景」記念石碑があり、観光客は記念に写真を撮ることができます。
エルアンビ公園

100年以上の歴史を持ち、墾丁のランドマークとされている鵝鑾鼻灯台は、台湾最南端の鵝鑾鼻公園に位置しています。青空と白い雲の下、緑の長い芝生の上に建つ白い建物が美しい絵画のようです。夜には台湾最南端の駐車場にも船の方向を照らす灯台を見ることができ、昼間の風景に比べて、筆者は夜の灯台がより感動的な美しさを持っていると感じ、夜には墾丁で星空を眺めるのに最適な場所の一つとなっていますが、注意してください! 墾丁での星空観察のための最高の場所の一つとなっています。
エルアンビ灯台

九峰オールドストリート
九峰オールドストリート
Chiufen (Jiufen Old Street)
4.3
九份は台湾台北県瑞芳郷に位置し、古くは金鉱山として栄えましたが、埋蔵量が枯渇して衰退しました。1990年以降、映画「悲しみの街」の撮影が行われ、その独特の古風な建築や傾斜地、様式が国内外から注目され、町も活気を取り戻し、現在では人気の観光地となっています。その後、2001年には、日本のアニメーション界の巨匠・宮崎駿監督の映画「隠れ少女」が九份の街並みにインスパイアされ、多くの日本人観光客が訪れました。チェリー・チェンの「九份の珈琲店」という曲に惹かれて、多くの人が訪れています。 九份の古い街並みのノスタルジックな風景は、主に岸山街道、針崎街道、湊街道の3つの街並みに集中しています。九份小学校と九份警察署の間を走る300段ほどの石段道は、九份が物資輸送の道として発展した初期の頃を象徴するものですが、現在はカフェやお茶屋さんなどが立ち並んでいます。里芋芋スナック、九份初の茶屋、九份文化歴史館、九份の海が見える展望台など、日本統治時代の古い建物が多く残っています。この3つの主要道路以外にも、小さな路地や路地もたくさんあるので、気軽に散策してみてくださいね。
九峰オールドストリート

チーシンタンビーチ
4.5
七星潭は湖ではなく、花蓮市の北東にある三日月型の湾です。太平洋の波と遠くにそびえ立つ中央山脈を楽しみながら、都会の喧騒から離れて青い海と空に浸るにはもってこいの湾です。また、七星潭には薪の製造業を展示した博物館や、船小屋のように見える新市大聖堂もあり、一見の価値があります。海岸沿いには、七星潭から北浜公園、南浜公園、さらには麗友湖に至るまで、海風、自然と文化の景観、美味しい食事を楽しみながら、のんびりとした旅を楽しむことができます。七星潭の夜と日の出は賞賛に値するものであり、花蓮に滞在する旅行者は、この湾の周りに滞在することを選択することができます。
チーシンタンビーチ

ケンティング・ストリートから南に向かうと、青い海の上にそびえ立つ高さ約18メートルの帆船を模した巨大なサンゴの岩が見えてきます。
川帆岩

青水崖
青水崖
Ching-Shui Cliff
4.5
興水崖は和平と崇徳の間に位置し、台湾東海岸八景の一つに数えられています。高速道路は20キロ以上伸びていて、曲がりくねっていて、片側は断崖絶壁、もう片側は海で、状況は不安定で、気象学的なもので、人々に威圧感と驚きを与えています。蘇華公路の崇徳トンネルの隣には、太平洋と清流の断崖を一望できる遊歩道付きの展望台が2つあります。沿道には北海澳、南方澳、呉士林などの景勝地があります。
青水崖

サンムーンレイク
4.2
日月潭は台湾の同胞にとって台湾の二大観光スポットの一つであり、台湾を訪れた際には必ず訪れるべき場所と言え、日月潭のある魚池郷も日月潭郷に改名する予定です。日月潭は大陸にある多くの有名な山や湖に比べて、小さな池のようなものですが、台湾のように狭くて山が多い場所では、その静けさとユニークさが際立っています。最も美しいのは、湖が霧に覆われた早朝の瞬間ですが、残念ながらほとんどの観光客は宿泊していないので、日月潭の印象はほんの一瞥に過ぎません。 湖の周りをのぞいてみると、原住民の木彫りの彫刻や、原住民独特の食べ物がたくさん見られます。日月潭周辺のバス移動には時間がかかるため、日月潭の美しい景色を楽しむことはできませんので、水社桟橋から船に乗って、船上で風を感じながら日月潭を一望することをおすすめします。あるいは、自転車をレンタルして、世界で最も美しいサイクリングコースのトップ10に入る日月潭サーキットを走り、風に吹かれながら行きたいところに行くこともできます。
サンムーンレイク

高雄地下鉄レッドオレンジラインが交差する「美麗島駅」にある世界最大のシングルピースのガラスアートは、国際的に有名なアーティスト、ナルシスが4年半の歳月をかけて制作したもので、トンネルレベルを通過した地下地下鉄のセンターサークルエリアの天井に、ガラスと絵画、照明を組み合わせた特殊な作品です。古典的な釉薬とヴェネツィア産のクリスタルディスクを使用して、直径30メートルの柱16本を含む面積660平方メートル、直径50メートルの柱と合計1,252枚の窓、合計4,500枚の窓が作られました。
高雄MRTフォルモサ大通り駅(光のドーム)

ダグーの英国領事館
ダグーの英国領事館
Former British Consulate Residence at Takao
3.9
旧イギリス領事館はフェリーターミナルの西側、具山の南端にあります。領事館は高雄の港の出口に面した尾根に建てられており、高雄への旅行者には必見のスポットとなっています。 1895年の日清戦争で台湾が日本に割譲された後、日本は高雄港の建設を積極的に推進したため、元々の高雄のイギリス領事館は高雄海洋観測所として使用されていました。 この建物と外国の建物の上にあるGulangyuは非常に似ていると思うでしょう、元の設計者はイギリス人ですが、建築材料と赤レンガと職人はアモイから来ています。竹ドロップパイプは、清朝後期の外国の建物の特徴であるが、二重の列のためのレンガの列の角は、構造がより安定しています。1987年に第二級史跡に指定され、闘犬や近代史に関する文献や写真、模型などを展示する高雄史跡博物館として計画されました。ここでは右手に西子湾、左手に高雄港のスカイラインが見え、高雄港のパノラマ写真を撮るには最高の場所です。
ダグーの英国領事館

墾丁国立公園は台湾最南端の恒春半島にあるので、台湾の最南端もここにあり、有名な鵝鑾鼻公園の近くにあります。公園横の道路を右折して(龍坑生態保護区と最南端ポイントに向かって)、灯台の横にある最南端ポイント駐車場に到着し、標識に従って舗装された小道に沿って10分ほど歩くと、岩礁の上に最南端ポイントの象徴的な標識が見えてきます。 最南端のポイント(経度120度50分0秒東、緯度21度53分59秒北)は、元のこのエリアでは、洛陽壁公園と龍坑生態保護区の間に位置しているので、訪問者が南の境界線、世界に基づいていることができるように、木製の観測プラットフォームと画像のマーカーを設定し、ビーチの特別な植物を観察します。鵝鑾鼻灯台は台湾最南端と思っている方も多いと思いますが、実はここは波が高い時の海の景色が素晴らしい場所なんですよ
台湾最南端のモニュメント

淡水漁師埠頭は台北県淡水郷に位置し、淡水川の右岸に位置し、1976年に完成した「淡水第二漁港」が前身です。淡水漁師埠頭は東に大屯山地に接し、西に淡水川と観音山地に面し、有名な「潭江夕日」を一望できます。現在、フィッシャーマンズワーフは土地全体が整備され、多くの漁船やクルーズ船が停泊しており、台北県の観光レジャーの重要な場所となっています。
タムスイフィッシャーマンズワーフ

MRT淡水駅の近くにある旧街道では、様々な食べ物や軽食を楽しむことができます。淡水の名物は、かまぼこ、かまぼこ、鉄卵、鯵など。淡水には、古くからの建築の歴史と美しい環境を持つ潭江大学や成城大学のキャンパスもあり、一見の価値があります。近年では、骨董品店や民芸品店が多く入居しており、民俗的でノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
淡水老街

ラブリバー
ラブリバー
Love River
3.8
愛河は高雄の母なる河であり、高雄市全体をロマンチックな愛河が流れており、その中でも五湖大橋と中正路の間の区間が最も人気があります。夜になると、愛河の両岸はカップルの出会いの場として、また観光客の夜景を楽しむのに最適な場所となります。土手沿いを散策するだけでなく、トゥルーラブ桟橋では、環境に優しくユニークな太陽光発電の特別なボートに乗って川の上を走ることもできます。または、遊覧船に乗って直接吉備津まで行くこともできます。
ラブリバー

猫頭は恒春半島の南東の岬に位置し、台湾海峡とバス海峡の分岐点の間にあり、左がバス海峡、右が台湾海峡となっています。ここは典型的な珊瑚礁と海岸浸食地形で、俯瞰すると少女のプリーツスカートのように見えることから「スカート礁海岸」と呼ばれ、台湾の最南端である鵝鑾鼻とともに台湾最南端の両端を形成しています。猫の鼻」という名前は、岩場の横にあるサンゴ礁の突起物が、しゃがんだ猫のような形をしていることに由来しています。実は猫の鼻も玉座と同じで、近くの海の崖が崩れて海に転がった珊瑚礁の岩の破片なのです。海や岩を見るにはもってこいの場所です。夕方の時間は、海全体に赤く染まった夕日は、シーンは非常に美しいですが、早くも "恒春八景 "のように1つです。
猫の鼻の頭

西子湾
西子湾
Sizihwan
4.3
西子湾は高雄市の西側、寿山の南西端に位置し、夕日の景色と自然の岩が美しい港です。 西子湾の夕日は高雄八景の一つで、夕暮れ時にはカップルがここで愛を表現するために会い、ロマンチックな雰囲気を加え、頻繁に貨物船が出入りする状況はさらに壮観です。
西子湾

清境農場
清境農場
Cingjing Farm
4.5
クリアフィールド・ファームは今やビッグネームとなり、一般的なイメージとしては羊やヨーロッパ風の建築物、B&Bなどが挙げられます。クリアランドファームは、緑豊かな斜面にはいたるところに羊がいたり、牧羊犬が羊を追いかけていたり、見学者が歩くための遊歩道がいくつもあったりと、ヨーロッパの牧草地の想像をすべて満足させることができます。登山道からは、田園地帯や中央山脈のパノラマの景色を楽しむことができます。ここ数年で観光客が増え、7-11やスターバックスなどの商店街が形成され、ここに土地を買ってB&Bを建てる観光客も増えてきました。現在、清井を訪れると、あちこちでヨーロッパテイストの強いB&Bの建物を見かけるので、多くの人が清井農場をヨーロッパ風の「小さなスイス」と呼んでいます。
清境農場

ピア2アートゾーン
ピア2アートゾーン
Pier-2 Art Center
4.3
世界のどこのアートゾーンも似たような外観をしているようですが、古い工場、みすぼらしい、芸術的なものは共通しています。愛川のほとりにあるバージ2アートゾーンも例外ではありません。 かつて高雄は世界第3位の出荷量を誇る港で、街全体が港と切り離せない関係にありました。かつて港区は自由に立ち入ることができない重要な軍事地域であり、都市と港の関係は事実上遮断されていた。近年では、空間制限の解除に伴い、もともと港湾局の所有地であった土地が返還され、一連の港湾公園として計画され、街の魅力をさらに高めています。バルガン2アートゾーンは、古い港町の活性化と再生の好例です。高雄労働博物館の常設展のほか、定期的に様々な移動展を開催します。特設会場の公園や様々な彫刻群は、写真を撮るには良い場所です。
ピア2アートゾーン

墾丁国立公園のホワイトサンドベイ(別名ホワイトサンド)は、長さ約500メートル、幅約40メートルの白い砂浜で、海の生き物の貝殻でできています。陸上ではバーベキューやキャンプ、サイクリングコースでサイクリングを楽しんだり、秋から冬にかけて海に沈む夕日を眺めたり、夜には星空を眺めたり。 アン・リー映画 "ティーンエイジファンタジードリフトライフオブパイ "主人公の "パイ "は、海の冒険の7ヶ月後に、最終的にメキシコビーチの作品の土地に上陸し、本当の場所はここにある、台湾墾丁のホワイトサンドベイヨー!ホワイトサンズ湾の海岸は今、映画からボートと虎の形にかかっています。映画「七つの岬」に出てくる主人公とヒロインの抱擁は、この浜辺にもあります。
白沙湾

太郎子国立公園は、日本統治時代に設置された「慈高太郎子国立公園」(1937~1945年)を前身とし、台湾で4番目に設置された国立公園です。第二次世界大戦後は国の名勝となり、1986年11月12日に計画が発表され、同年11月28日には管理事務所が設置されました。台湾東部に位置し、花蓮、台中、南投の3つの行政区にまたがっています。園内には台湾初の東西横断高速道路「中央横断高速道路システム」が通っています。
タロコ国立公園ビジターセンター

安平城
安平城
ANPING OLD FORT
4.1
安平古城は、オランダ人が台湾で統治していた時に建てた最初の城です。その後、明の時代に鄭承公が台湾に撤退してオランダ人を撃退し、安平城を拠点にしてチカンルー付近に拡張し、台湾初の王城(台湾市とも呼ばれる)を築いたことから、安平城は台湾で初めての大規模な城となりました。尖閣楼のように、安平古堡は歴史的価値があるので、歴史に興味がある人はぜひ安平古堡を訪れてみてください。歴史に興味がなくても、安平古城の近くにある展望台に行けば、安平港の美しい景色を眺めることができますし、夕暮れ時に夕日を眺めるのもおすすめです。
安平城

北回帰線のランドマーク
北回帰線のランドマーク
Landmark of Tropic of Cancer
3.6
北回帰線とは、北半球の温帯と熱帯の境界線のことです。夏至には白い塔に沿って太陽が昇ったり沈んだりするので、この現象を観測するために塔にはスリットが設けられており、夏至の正午には太陽の光がスリットに当たるようになっています。
北回帰線のランドマーク

チーカンタワー
チーカンタワー
Chihkan Tower (Fort Provintia)
4.0
台湾人が初めて台南のことを知った台南で必見の観光スポット「チカンタワー」。チカンタワーの前身はオランダ統治時代の1653年に建てられたヨーロッパ風の建物で、明・鄭時代には最高行政機関である成天府を統治していました。戦後(1960年)、大南門市から9つの石垣が移築され、やがて現在の姿になりました。現在のチカンタワーと呼ばれるものは、実はプロミネンス・チャクシン、海神廟、文昌亭の名残が混じっています。プロメンチャス城の元々の姿は今となっては不明で、さらに多くの旧跡が城の基礎の下に埋もれていて、発見されています。 チカンタワーの特徴は、その建築様式と歴史的価値の高さにあります。チカンタワーは明代、鄭代を経て、清代には徐々に中国庭園へと姿を変えていきました。台南といえばチカンタワーを思い浮かべますが、それは物語を語るお城だからです。チカンタワーに入ると、庭園は江南の小さな橋や流水ほどではありませんが、それでも絶妙な美しさを放っています。チカンタワーは江南の東屋や東屋とは違い、古き良き時代の雰囲気を色濃く漂わせ、台南の古都の魅力を体感することができます。 知覧塔にまつわる話はたくさんありますが、中でも有名なのがこの碑を背負った九石亀です。もともと亀のような亀が10匹いて、そのうちの1匹がポーオン通りの保安宮殿に逃げ込んだと言われています。また、明朝の官服を着た男性が夜に窓を開けて窓の前に立っているという超有名な写真もあります。チカンタワーも今の台南市民の生活の一部となっており、いつもとは違った盛り上がりを見せたり、夜にはジャズの音楽が流れていたり、ライトアップされたチカンタワーは、市民の生活に最も近い史跡となっています。
チーカンタワー

台湾本島の中央に位置する巨大な中央山脈の他に、花蓮台東線の太平洋側の東海岸にある海岸山脈も有名です。中央山脈と海岸山脈はそれぞれユーラシアプレートとフィリピン海プレートに属しており、花蓮周辺で多くの地震が発生しているのはそのプレートの押し出しが原因です。台湾の雄大な山を作った地質学的な動きは、2つの山の間に細長い谷を作り、花蓮東縦谷と呼ばれています。 花蓮縦谷は、北は花蓮から南は台東まで約150キロの長さで、国道9号線と東部鉄道が通っています。ゾン谷の鬱蒼とした水系と青々とした森は、いたるところに牧歌的で緑豊かな風景を提供しています。春の金色の菜の花、5月の夜の麗湖のきらびやかなホタル、真夏の田んぼや高飛車競争、初秋の金針花、茶畑、温泉、牧草地など、様々な観光資源やレジャーがあり、貧乏旅行者が台湾の山河を体験するにはもってこいの場所である。 貴重な観光資源と自然生態系を保護し、国家観光空間を拡大し、東部観光の発展を加速させるため、行政院は1996年5月30日に華東粽谷を国家風景区に指定することを承認し、1996年9月13日に華東粽谷国家風景区管理処を設立し、この特別区の計画、建設、管理、管理を担当することを承認しました。1月1日、交通部観光局花東宗谷国家風景区管理事務所で「瑞穂ボートサービスセンター」が正式に発足しました。 華東総曲輪線の最大の特徴は、東台湾の産業の経験と平野谷の雰囲気。華東中宮線沿線の産業、景観、田園、人文、集落などがあるため、田舎での休息の心地よさだけでなく、学ぶことの奥深い喜びを味わうことができます。花東縦断谷には、北南利吉地区、初鹿地区、狩野延平地区、観山海壇地区、池上振地区、玉利長慶地区、瑞穂真栄地区、甲府法隆地区、蘇芳地区などの名所があります。
東リフトバレー

Yeliudizhi Park
Yeliudizhi Park
Yeliudizhi Park
4.5
台湾のエース的な魅力の一つであるイエリュウは、この小さな漁村には他ではなかなか見られない自然の景観があり、台湾旅行者には必見の観光スポットです。大屯山系の名残から海に向かって伸びる岬で、全長は約1700メートルで、様々な海蝕模様とキノコ状の岩が岩場の海岸線を覆っています。これらの奇岩は海水の浸食や岩石の風化の影響を受けており、風化岩、風蝕溝、風蝕崖、穴、狭い岬など、海辺は地質学の教室であり奇岩の楽園となっており、いたるところを歩くと驚きがあり、「海枯れ岩」の意味を深く理解することができます。イエリュで最も有名な「岩」は、ムスコバイトの代表格である「女王の頭」と呼ばれるもので、軟らかい砂岩が海水によって浸食され、硬い結節を残して頭を形成しています。風化で女王の首がどんどん細くなってきていて、いつ壊れるかわかりませんが、強い地震や強風があれば壊れるかもしれません。 漁村のイエリュウでは、旧暦の最初の月の15日に、開張の聖王、媽祖、周倉将軍、ディリュウなどの神々の駕籠を背負った大勢の強者たちが、賑やかな雰囲気の中、叫び声を上げながら漁港の冷たい水に飛び込み、駕籠を肩に担いで港の周りを泳ぎ回って祈りを捧げるという、とても特別な「神々の清めの港」の儀式が毎年行われています。外洋に出ている漁船は、台湾ならではの満員御礼状態。 海鮮料理のお店はたくさんありますが、1、2軒は暗いことで知られています。急いでいない限り、インサイダーは今、イエリウの反対側まで少し歩いて、カメハメハ漁港で安い海の幸、特に秋のカニを食べに行きます。その上、カメハメハ漁港の海岸も美しい。 イエリウジオパークの入り口から岬の先までは約1.7キロだが、最も広い部分では300メートルにも満たない。杵築街道の恵比留駅から岬の先まで約2.4km。イェリウジオパークの奇岩は世界の不思議の一つです。海岸線の方向は、地層や構造線の方向とほぼ直角であり、波の浸食や岩石の風化、陸と海の相対運動、地殻の動きなどの影響を受け、稀有な地形・地質景観を形成しています。
Yeliudizhi Park

台中駅自体が歴史的な名所で、外観はノスタルジックな雰囲気が強く、赤レンガの建物は日本式とルネッサンス様式が混在しており、非常にユニークで、二級史跡に分類されています。駅の外観は歴史を感じさせるものですが、駅のロビーに入ると、中は少し背が高くなっています。実際、台中駅の駅前は台湾で最も混沌とした駅とされているので、休日に台中駅を訪れるのはおすすめできません。線路を挟んで反対側には、1930年代に建てられた20号倉庫があり、1990年代後半には台湾初のアート倉庫に生まれ変わりました。 台中駅前の第一広場は、台湾の「東南アジア租界」の一つでもあり、休日にここに来れば、台湾にいるとは全く思えない、東南アジアの街にいるような感覚になります。休日に東南アジアの外国人労働者の中央台湾工場は、友人や家族のパーティーで、このエリアの最初の広場に集まりますが、あなたは東南アジアの文章で多くの看板を見ることができます、東南アジアの製品を販売するスーパーマーケットだけでなく、安価な東南アジアのスナック食品の様々な、すべての東南アジアの人々のビジネスに特化した、実際には、これは非常に興味深いユニークな場所ですが、ちょうど暗くなってから行ってはいけません。
台中駅

台中の象徴的なランドマークの一つである東海大学は、伝統的な大学のキャンパスです。しかし、東海大学は小高い丘や小道、湖や広い芝生があり、土地の形に合わせて大学が計画されている点が違う。 東海大学のランドマークは、湾曲した帆の形をした屋根に金色の釉薬をかけた「アイムペイ・ルシィ礼拝堂」です。キャンパスにそれほど木が密集していなかった初期の頃、教会の上にある十字架は、キャンパス内のどの角度からでも見ることができ、多くの東海人の精神的支柱となっていました。東海大学の美しさは、台中市外からもその美しさを求めて多くの人が訪れます。また、東海大学の農場で生産された牛乳を使ったミルクアイスを飲んで食べなければなりません。
東海大学

ポタラ草原とは異なり、龍潘草原は広大な草原ではありません。しかし、ここの景色は素晴らしいもので、広大な緑と広大な青と果てしなく広がる空は、あなたのストレスや心配事を忘れさせてくれること間違いなしです。でも、龍パンに行くのに一番特別な時間は、昼間ではなく、ライトが消えて海面の月や星の海、天の川など、自分と月だけの世界になっている時です地平線を越えて月が動くのを見て、戦いを見て、それは自然が与えてくれた動きです。
ロングパンプレーリー

墾丁ビーチはビッグベイで、墾丁森林遊楽区は管轄が干拓局ではなく林業局に属しており、大尖山を背にしてバス海峡に面しており、砂浜に海水が打ち寄せ、海岸沿いにはヤシの木陰が広がり、台湾で最も美しいビーチとして知られています。 現在、台湾のビーチの一角はシャトービーチホテルが貸し出しており、シャトーに宿泊しないと利用できないシャトー専用のビーチとなっていますが、シャトーの管理により、ビーチの美しさを保つことができます。
墾丁海水浴場

安平ツリーハウス
安平ツリーハウス
Anping Tree House
4.2
多くの人が「木の家」と聞くと、木の上に建つ家を思い浮かべると思います。しかし、安平ツリーハウスは、私たちのツリーハウスとは何かという想像を変えてくれました。安平の木の家は当初は普通のレンガ造りの家でしたが、誰も手入れをしないで放置されていたところ、隣にガジュマルの木が自由に生えてきました。時が経つにつれ、家とガジュマルの木との共生が始まりました。現在、安平ツリーハウスはガジュマルの緑の葉ですっかり覆われているので、安平古城を訪れた後にツリーハウスで休憩して、安平のお菓子を食べるのもおすすめです。安平ツリーハウスを見学した後は、お隣のタクキー香港でも史跡巡りをしてみましょう。
安平ツリーハウス

123...11
シェア