スローガン
Loading...
人気スポット

ミュンヘンの人気スポット

全部
自然景観
ビーチ
公園・植物園
遺跡・史跡
ランドマーク
ギャラリー
博物館
動物園
水族館
建物
記念碑・彫刻・噴水
修道院・寺
もっと

マリエン広場
マリエン広場
Marienplatz
4.4
1807年まではマリエン広場にも市場がありましたが、現在では広場周辺の建物のほとんどが19世紀から20世紀のもので、広場の中央には聖母マリアへの感謝と愛の象徴である「聖母マリアの柱」があります。広場の北東の角には、かつて肉屋の見習いが儀式を行っていた「魚の泉」があります。マリエン広場の北西にはマリエン教会、マリエン広場の北には新市庁舎、東には旧市庁舎、広場の南東にはヴィクトゥリアン市場があります。
マリエン広場

ミュンヘンの新市庁舎は、1867年から1904年までの3期に分けて建設されました。新市庁舎の西側にある時計塔は、ミュンヘンを代表するランドマークの一つです。 同時に、新市庁舎の鐘楼は、マリオン教会を除けば、旧市街環状線の中で鐘楼より高い建物はない。ヨーロッパで4番目に大きな人形舞踊である「ベルダンス」は、古くから親しまれています。毎日11時、12時、17時、毎年5月から10月の17時、21時には、鐘の上部に様々な色や釉薬を使ったブロンズ像が飾られ、下部には、ため池の踊りを披露するブロンズ像が飾られており、とても美しく、時間に間に合えば見逃せません。
ノイエスラトハウス

アルテス市庁舎
4.0
ミュンヘン旧市庁舎(Altes Rathaus)は、1874年以前のミュンヘン市庁舎で、ミュンヘン中心部のマリアプラッツの東側に位置し、現在は市議会の代表者が使用しています。建物の最初の記録は1310年、有名なグロッサー・ザールは1392年から1394年に建てられ、1470年から1480年には旧市庁舎がポストゴシック様式で再設計されました。ファサードはルネッサンス期に改造され、1861年から1864年にかけてネオゴシック様式で再建され、1874年には町役場が同じ広場にある新しい町役場に移転した。 1938年11月9日、ヨゼフ・ゲッペルスがホールで演説を行い、クリスタルナハトの幕開けとなった。この建物は第二次世界大戦中に大きな被害を受け、その尖塔は1971年から1974年まで再建されませんでした。
アルテス市庁舎

BMW Museum
BMW Museum
BMW Museum
4.3
オリンピック公園の北、中央環状線を越えたところにミュンヘンのBMW工場があります。ここには有名なBMWの「4気筒ビル」が建っています。4気筒の建物の西側にある円形の建物とその別館には、二輪車や航空機のエンジンメーカーとして始まったBMWの歴史から自動車業界の巨人に至るまでの歴史を紹介するBMWミュージアムがあります。 ミュージアムの西側にある非常に近代的な建物は、1階にはBMWの全車両、2階にはBMWのモーターサイクル、そしてお客様への予約車両の特別配送エリアがあり、総合的でインタラクティブな展示、販売、配送を行う施設「BMW Welt」があります。4気筒BMWの建物はオフィススペースとなっており、一般公開はされていません。
BMW Museum

聖母教会
聖母教会
Frauenkirche
4.2
1488年に建てられたマリエン教会は、1821年にミュンヘン・フライジング教区が設立されて以来、司教座聖堂となっており、ミュンヘンで最も重要な教会の一つであり、ミュンヘンのシンボルの一つとなっています。第二次世界大戦中に爆撃で破壊され、1953年に再建されました。 教会はポストゴシック様式の煉瓦造りの建物で、高さ約98mの2本の鐘楼があり、北側は南側よりもやや高さが高く、1525年にバイエルンにルネサンスが広まると尖塔はイタリア製のブロンズ製の鐘のドームに置き換わり、内部はルネサンス様式で改築されましたが、1858年にゴシック様式に戻されました。 赤レンガ造りの教会は15世紀に建てられましたが、尖塔が完成することはありませんでした。塔頂の完成が決定したのは、50年後の16世紀になってからです。その頃には、ゴシック時代はルネサンス様式の時代に取って代わられていました。ゴシック様式の教会には、必然的に流行の「玉ねぎ」のドームが取り付けられ、「エキゾチック」を意味する「ロマネスク」と呼ばれる帽子や、「ゴシック」とも呼ばれました。イタリアン」と言ってもいいかもしれません。それは将来的に多くのバイエルンの教会のモデルとなったドームのこのスタイルでした。 教会の中に入ると、中世の雰囲気が強く感じられ、あらゆる種類の荘厳なイコンや彫刻、ステンドグラスの窓がとても美しいです。また、「悪魔の足跡」という有名な伝説もあります。"悪魔の足跡 "とは、玄関前の床にある黒い跡で、これを踏むと教会の端にある窓を見上げると見えなくなると言われています。 教会の双子の塔の高さは99メートルで荘厳です。南の塔は見学者に開放されており、晴れた日には塔の上から南のアルプスやミュンヘンの街並みを眺めることができます。
聖母教会

レジデンツ美術館
レジデンツ美術館
München Residenz
4.3
1385年、ヴィッテルスバッハ家が宮殿の建設に着手し、時間の経過とともに規模が大きくなり、1918年までバイエルンの大公、君主、王が居住していました。ドイツのミュンヘンの中心部に位置する宮殿です。ドイツ最大の内地にある宮殿で、現在は建築物、内装、王室のコレクションなどが公開されています。ミュンヘン宮殿は、10の中庭と130の展示室を持つ博物館で構成されています。マックス・ヨーゼフ広場に近いケニグスバウ(王の宮殿)、宮殿通りに面したアルテ・レジデンツ(旧宮殿)、宮殿庭園に面したフェスタールバウ(宴会場)、アルテ・レジデンツ(旧宮殿劇場)、アルテ・レジデンツ(宝物館)、フェスタールバウ(舞踏室)の3つに分かれています。シャッツカンマー)などがあります。訪問者は、5世紀の王宮の遺産を垣間見ることができます。パレ・ロワイヤルの宝物館にある金銀器、釉薬のかかった工芸品、クリスタル、象牙などのコレクションは、ヨーロッパでも最も楽しいものの一つです。宮殿では、復元された王のスイートルームを見学することができます。 たくさんの場所を訪れるのであれば、バイエルン宮殿のボードチケットを購入するのが一番です。宮内庁のホームページ参照 )
レジデンツ美術館

ジーゲスター
3.9
ミュンヘンの凱旋門は、高さ21メートル、幅24メートル、厚さ12メートルです。ローマのコンスタンティヌスの凱旋門、ロンドンの大理石のアーチ、パリの凱旋門、ベルリンのブランデンブルク門とスタイルが似ています。この門はバイエルン王ルートヴィヒ1世によって建設され、1852年に完成しました。二輪の戦車と獅子がトッピングされています。獅子は、バイエルンを支配していたヴィッテルスバッハ王朝のシンボルであることから使われていました。もともとはバイエルン軍の栄光を記念して建てられたもので、現在は平和の記念として使用されています。第二次世界大戦中に扉が大きく破損したが、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム記念教会と同様に、一部のみ再建されている。裏面の碑文には「戦争で破壊された勝利に捧げる、平和の証」と書かれています。
ジーゲスター

ブンデスリーガでも、チャンピオンズリーグでも、国際試合でも、ここでの試合はどれも忘れられないものです。6万5千人の観客を集めた試合の興奮を感じ、耳障りな叫び声やファンの熱唱を聞き、鳥肌が立つような気分になりたいなら、ここがおすすめです。アリアンツ・アリーナもヨーロッパで最も近代的なスタジアムの一つとされています。 アリアンツ・アリーナは、バイエルン・ミュンヘンと1860ミュンヘンの2チームの本拠地でもあります。このスタジアムでバイエルン・ミュンヘンが試合をするたびにメインカラーである赤に変わり、1860年のミュンヘンチームが試合をすると青に変わります。
アリアンツアリーナ

1675年にミュンヘンの西に建てられたニンフェンブルク宮殿は、1644年にフェルディナント・マリア王子に息子が誕生した場所です。子供の誕生を祝うために、王子夫妻はミュンヘンの西側にこの夏の宮殿を建てました。300年以上の歳月を経て、元々の観賞用庭園は、バロック様式の庭園やシャトル水路、パビリオンなどを備えた豪華な宮殿へと拡張され、散策を楽しむことができます。宮殿の母屋は見事に装飾されており、左右対称の副屋が並んでいます。ニムフェンブルク宮殿以外にも、ニムフェンブルク庭園内には、アマリン宮殿、バース宮殿、パゴダ宮殿の3つの宮殿があります。
シュロスニンフェンブルク

BMW Welt
BMW Welt
BMW Welt
4.3
BMWワールドはミュンヘンのオリンピック公園の近くに位置し、有名なBMW本社ビルとBMWミュージアムに隣接しており、超モダンな外観デザインを採用しています。ここでは、クラシックなBMWモデルからコンセプトモデルまで、目をつぶることが保証されているものがすべて揃っているので、博物館のようです。BMWの技術やデザインに触れるのも楽しいですし、BMWファンの方も車好きの方も、ぜひ立ち寄ってみてください。
BMW Welt

オリンピックパークは、1972年のミュンヘンオリンピックのために建設された、面積約3平方キロメートルの大規模な多目的スポーツ、レジャー、エンターテイメントの複合施設です。高さ290mのミュンヘンテレビ塔からは、ミュンヘンの街並みを一望できます。オリンピックスタジアムのテントはユニークで、今日でもその時代の先を行くように見えます。第二次世界大戦で空爆された街の跡地を利用して作られたオリンピック公園の高さ52mの丘。オリンピック公園の駐車場では、毎週土曜日に大きなフリーマーケットが開催されていますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
オリンピアパーク

聖ペテロ教会
聖ペテロ教会
St. Peter's Church
4.3
聖ペテロ教会は、ドイツのミュンヘン市内にある最古の教会で、1158年にミュンヘンが建国される前にこの地に建てられました。8世紀には丘の上の教会の周りに修道士が住んでおり、12世紀末にはバイエルン・ロマネスク様式の新しい教会が建設され、1327年の火災で焼失する直前にゴシック様式で増築された。17世紀の初めには、高さ92メートルのルネサンス様式の尖塔とバロック様式の聖歌隊席が追加されました。
聖ペテロ教会

ミュンヘンの旧市街環状線からすぐの場所にあるイングリッシュガーデンは、北上して市境まで伸びていて、世界最大級の庭園となっています。イングリッシュガーデンは後にミュンヘンの中央環状線ができたときに切り離されてしまったため、現在は一般的に南半分のイングリッシュガーデンと呼ばれています。イングリッシュガーデンは1789年に創設され、100以上の橋と78キロの歩道があり、丘の中腹にあるモノプテロス(円形の神殿)と、古代中国の建物を模した中国式の塔が目印で、その下には有名なビアガーデンがあります。イングリッシュガーデンは、ミュンヘン市民の憩いの場としてもおすすめです。天気の良い日には、イングリッシュガーデンに多くの人が運動したり、リラックスしたり、日光浴を楽しんだりしに来ています。
エングリッシャーガルテン

ホフガルテン
4.0
宮殿庭園はミュンヘン王宮とイングリッシュパークの間にあり、1617年に建てられました。月の女神ダイアナのパビリオンを中心にしたイタリア・ルネッサンス様式の中庭の建物です。庭園は第二次世界大戦中に破壊され、戦後に再建されました。
ホフガルテン

ニムフェンブルク宮殿の庭園は約3平方キロメートルの面積を占めており、宮殿の奥にある大きな花畑には12体の白い大理石の人物像が飾られており、庭園には古木や鳥類、自然が豊富に植えられています。 1617年にイタリア式に建てられ、18世紀にはフランス式に、19世紀初頭にはイギリス式に拡張され、バロック様式の庭園の特徴を残しています。
パークニンフェンブルク

オデオン広場
3.9
マリエン広場の北側には、有名なオデオン広場(Odeonsplatz)があります。広場には、フェルトヘルンハレ、テアチン教会、ホーフガルテンがあります。広場には、ルートヴィヒ1世(1862年)の馬の像が立っています。コンセルトヘボウはドイツで最もイタリアらしい場所であり、ミュンヘンは広場とその周辺の建物から「ドイツのイタリアの街」という異名を得ています。
オデオン広場

ドイツ博物館
Deutsches Museum
4.5
ドイツ博物館は、イッサ川の博物館島にあり、イッサ門から東へ歩いてすぐのところにあります。世界最大の自然科学技術博物館であり、ドイツの科学技術史のコレクションとしては最大のもので、あらゆる種類の展示物が28,000点以上もあります。19世紀に流行した模型やジオラマ。バイエルン州の電化の先駆者であるオスカー・フォン・ミラーは、訪問者が触れて発見するために訪れるという考えを持っていました。そのため、ビビッドなモデルが多く、素人でも直感的に操作できるようになっています。また、インタラクティブな施設では、多くの物理実験(フーコー振り子、ファラデーケージなど)を再現することができます。見逃せない展示品には、最初の電気機関車(W. Siemens、1879年)、最初のジェット機(Messerchmitt Me 262)、1906年のU1潜水艦、1885年のメルセデスエンジン車、1891年のSerpollet蒸気自動車などがあります。展示品は全て見ています。
ドイツ博物館

旧市街の西門、旧市街の境界。
カールスター

マックス・ヨゼフ・プラッツはミュンヘンの中心部にある大きな広場で、バイエルン国王マクシミリアン1世ヨーゼフにちなんで名付けられました。広場は王道マクシミリアン通りの西側の起点となっています。マックス・ヨゼフ広場は1818年に東側のコリント門ミュンヘン国立劇場、西側の中流階級の家々とともにオープンしました。広場の北側には、フィレンツェのプチ宮殿をモデルにしたミュンヘン王宮の王の間があります。レジデンツ劇場のファサードは、王宮と国立劇場の間に位置しています。広場の南側には、トリング・イェッテンバッハ宮殿のネオ・ルネッサンス様式のアーケードがあります。
マックスジョセフプラッツ

マリエンスーレ
4.0
1638年にスウェーデン軍の占領下からの追放を記念して建てられたメモリアル・コラム。その上には、空を指差している金色の聖母マリア像があります。柱の基部には、戦争のためのライオン、疫病のためのトカゲ、飢えのためのドラゴン、不信仰のためのヘビ:人間に嫌われている4つのモンスターを殺す4つのケルブのブロンズ像の4つのグループがあります。
マリエンスーレ

カール広場はドイツのミュンヘン中心部にある大きな広場で、1797年に建設され、バイエルンの人気のない選帝侯カール・テオドールにちなんで名づけられました。 広場で最も重要な建物は、カールス門(解体された中世の城の西門)とネオバロック様式の正義の宮殿です。夏にはカールス門の前に大きな噴水があります。冬には野外のアイスリンクに変身します。1階には大型ショッピングセンターがあります。カールスプラッツとマリアプラッツの間には、市内の主要な歩行者エリア(ノイハウザー通り、カウフィンガー通り)に多数のショップやレストランがあります。 ミュンヘンの地下鉄や郊外の鉄道は、広場の下に駅があります。カール広場は、旧市街の環状線である路面電車Altstadtringのハブでもあります。
カールスプラッツ

ミュンヘンのオリンピック公園の中心部に位置するミュンヘンオリンピックスタジアムは、1972年にドイツのミュンヘンで開催された夏季オリンピックのメインスタジアムで、テントのような画期的な屋根構造で知られています。このスタジアムはドイツのナショナルスタジアムとして機能し、ほとんどの国際的なスポーツイベントを開催することができます。また、1974年のFIFAワールドカップと1988年の欧州サッカー選手権の決勝戦も開催されました。
オリンピアスタディオンミュンヘン

王の広場(Königsplatz)は、ドイツのミュンヘンにある広場で、カロリン広場とともに、市内の4つの王道の一つであるブリンナー通りの一部を形成している。新古典主義様式の広場は、第二駅のナチス軍のパレードに使われていました。19世紀の初めに建てられたギリシャ式門倉は、アテネの丘の門倉を模して1862年に建てられました。広場には3つの美術館があります。ヘレニズム博物館、古物博物館、レンバッハ美術館。 ギリシャ博物館には、古代ギリシャやローマの彫刻が展示されています。作品の年代は紀元前6世紀から紀元後4世紀。 古代美術博物館には、壷、宝石、陶器、武器などの古代ギリシャとローマの美術品の小さなコレクションが収蔵されています。 ギリシャの門倉の北側にロンバッハ美術館があります。かつては有名な画家ロンバルド・ロンバッハの別荘として使われていました。
ケーニヒスプラッツ

伝説によると、イースター前の第7水曜日には、空の財布を願い事の井戸に浸し、それを取り出すとお金が入っているということです。
フィッシュブルンネン

フェルドヘルンハレ(司令官の館)は、1841年から1844年にかけてドイツのミュンヘンにあるパーゴラで、音楽堂広場のルートヴィヒ通りの南端に位置し、フィレンツェの傭兵のパーゴラをモデルにしています。
フェルトハーンハレ

テアティナー教会 聖カジェタン教会は、1663年から1690年にかけて、バイエルン選帝侯フェルディナンド・マリアによって、1662年に待望の王位継承者マクシミリアン2世の誕生を祝うために建てられた、ドイツのミュンヘンにある教会です。 教会はローマのサンアンドレア・デッラ・ヴァッレのバシリカをモデルにしたイタリアンバロック様式で、高さ71mのドーム型双塔を2本持っています。ロココ様式のファサードは、フランソワ・ドゥ・キュヴィリエによって70年以上後まで完成され、その地中海的な外観と黄色の色彩が街のシンボルとして有名になり、南ドイツのバロック建築に大きな影響を与えました。
テアティナー教会、聖カジェタン

Reszidenz Löwe
Reszidenz Löwe
Reszidenz Löwe
3.8
宮殿のメインストリートにある門を守る石獅子の像が2体。通りかかったら、記事の下の方にある、人に幸運をもたらすと言われている小さなライオンを必ずこすってみてくださいね。
Reszidenz Löwe

レジデンツの宝庫
レジデンツの宝庫
Schatzkammer der Residenz
4.5
宮殿博物館では、動く祭壇、ハンガリー皇后の黄金の十字架、ヘナ石から彫られたカップ、トルコ、イラン、メキシコ、インドの工芸品など、複雑に入り組んだ品々や宝物が豊富に展示されています。
レジデンツの宝庫

アザム教会
アザム教会
Asamkirche
4.3
アッサム教会は、マリエン広場の南、センドリンガー門からほど近いセンドリンガー通りのセンドリンガーストラースト32番地にあります。教会は1734年から1746年の間に建てられ、ドイツで最も優れたロココ建築の例の一つです。教会の左側には、教会の建設者の一人であるエイギド・ギリング・アッサムの家があります。家のファサードは伝統的なバイエルン様式で描かれており、下半分には現実世界と人間の芸術活動を、上半分にはカトリックや古代史の絵画が描かれています。
アザム教会

ニムフェンブルク宮殿には、人間と自然博物館(Museum Mensch und Natur)、王室馬車博物館(Marstallmuseum)、磁器博物館(Nymphenburger Porzellanmanufaktur)の3つの博物館があります。人間と自然の博物館では、地球の歴史、生物進化の歴史、人間の生理の構造と機能、環境のテーマを現代的かつダイナミックに紹介しています。王立馬車博物館は、ウィーンやリスボンの馬車博物館と並んで世界で最も有名な馬車博物館の一つで、バイエルンの高級馬車やそり、サドルなど様々な時代の馬車が展示されています。ニーフェンブルクはドイツ宮廷磁器の重要な生産地でもあり、1761年にニーフェンブルク宮殿の磁器工房が設立されて以来の磁器作品を展示している磁器博物館があります。
ドイツの博物館

1234
シェア