スローガン
Loading...
人気スポット

アムステルダムの人気スポット

全部
世界遺産
自然景観
公園・植物園
遺跡・史跡
ランドマーク
ギャラリー
博物館
動物園
水族館
建物
記念碑・彫刻・噴水
テーマパーク・遊園地・民俗村
もっと

アムステルダムレッドライト地区/
アムステルダムレッドライト地区/
De Wallen
4.3
ここはアムステルダムの風化地区で、旧市街の2つの運河、Oudezijds VoorburgwalとO.Z. Ahterburgwalのほとりに位置し、運河と6、7つの通りと十数ブロックで交差しています。かつては船員が快楽を求める場所であり、様々なエロティック文化の表現で埋め尽くされていました。近年、オランダ政府は、既存の窓を美術館にしたり、デザインショップにしたりと、この地域を大切にする取り組みを始めています。好奇心を満たすためにも、自分の持ち物を大切にするためにも、ここに来ることは大切なことです。 赤灯地区」という言葉は、1890年代にアメリカで最初に作られた造語で、売春婦が客を呼び込むために窓に赤い灯りをつけていたことから始まりました。なぜ「赤灯」がこのような特別な意味を持つようになったのかについては、さまざまな説明があります。一説には、エリコで生まれた聖書の物語「ラハブ」に由来する意味があるとも言われています。ラハブはジェリコの娼婦で、ヨシュアの調査員に協力し、家に赤い紐で印をつけていました。鉄道員が持っていた赤い提灯から来ているという説もあります。風俗店を訪れる際には、提灯を外に置いていく傾向があったそうです。
アムステルダムレッドライト地区/

ダム広場
ダム広場
Dam Square
4.0
ダム広場は別名ダム広場とも呼ばれ、アムステルダムの中心地であり、アムステルダムの歴史発祥の地でもあり、オランダで最も有名な広場です。中央駅から750メートルです。東西200m、南北約100mの大まかな長方形の形をしています。この広場は、かつてアムステルダムの中心部にあった唯一の広場でした。かつてアムステル川が広場を流れていたことから、最初のダムが建設された広場の名前が付けられました。王宮前のアムステルの入り江が埋められたのは1858年のこと。北東の角からそう遠くないところには、デ・ウォーレンの赤線地区があります。 広場の西には新古典派の王宮があり、1655年から市庁舎となり、1808年には王宮となりました。宮殿の北側には新しい教会があります。広場の南側にはマダム・タッソー蝋人形館があります。広場の東側には国定公園があります。 広場にはハトやストリートアーティスト、写真を撮ったり足を休めたりしている観光客で溢れています。隣接するマダムタッソー蝋人形館の最上階からは、巨大な円形ガラス越しにダム広場全体を眺めることができます。1956年に建てられた広場の国定記念碑は高さ22メートルで、第二次世界大戦の犠牲者を記念しており、5月5日に開催される女王の休戦礼拝の会場となっています。
ダム広場

ゴッホ美術館
ゴッホ美術館
Van Gogh Museum
4.7
ゴッホファン必見のゴッホ美術館は、ゴッホの全作品の4分の1を収蔵しており、初期の作品『ジャガイモを食べる人』と『ひまわり』から、後期の作品『黄色い家』、『寝室』、『麦畑のカラス』、『収穫』、『セント・メリーズ・ビーチの漁船』、『雷雲の下の麦畑』まで、ゴッホの生涯のすべての時代の絵画が展示されており、ゴッホの作品をより深く知ることができます。200点以上の絵画やドローイングのほか、ゴッホの手紙750通のコレクションも展示されています(他の作品には、ニューヨークのMoMAでの「星降る夜」、パリのオルセーでの「星の下のローヌ」などがあります)。200点以上の絵画やドローイングが展示されているほか、ゴッホの書簡750点のコレクションも展示されています(他にも、ニューヨークのMoMAでの「星降る夜」、パリのオルセー美術館での「星の下のローヌ」、オランダのクルミュラー美術館での「カフェ・ドゥ・ラ・イブニング」などがあります)。目的を持って美術館を訪れる場合は、がっかりしないためにも、事前にホームページで作品があるかどうかを確認しておくようにしましょう。
ゴッホ美術館

コニンクレイクパレイス
コニンクレイクパレイス
Royal Palace Amsterdam
3.9
アムステルダムにあるアムステルダム王宮(オランダ語:Koninklijk Paleis AmsterdamまたはPaleis op de Dam)は、オランダ王国の4つの王宮の一つで、17世紀のオランダ黄金時代にアムステルダムの市庁舎として建設され、後のフランス占領期の1655年7月20日にお披露目されました。ナポレオンの弟ルイ・ボナパルトが王宮にしたが、オランダ王室はここには住んでいなかった。宮殿は国家元首の接待場所として使われることもあり、夏には一般公開されています。アムステルダム中心部のダム広場の西側、戦争記念館に面し、ニューウェ・ケルク(新教会)の隣に位置しています。石造りの宮殿の土台は、地下14~16メートルに埋設された1万3,659本の木杭で支えられており、その上に石を積み上げて建物の土台を形成していることから、「トレスルの上の宮殿」と呼ばれています。 オランダ語で「オランダの正式名称:Koninkrijk der Nederlanden」。中国語でオランダ(オランダ語:オランダ)と呼ばれるものは、技術的にはオランダ王国内の地域名であり、北ホラント州と南ホラント州を合わせたものです。七州連合王国の時代には、オランダはこれらの地域の中で最大かつ最も人口の多い地域であったため、オランダ王国全体を指して比喩的に使われていました。これは、インフォーマルな場で使われる一般的な口語であったが、国内では必ずしも広く受け入れられていたわけではなく、特に他の州から来た人々にとっては、自国を指すのにオランダ語を使うのは礼儀に欠けるということであった。正式な場面では、国の正式名称であるNederlandenが使われる[1]。中国語の文脈では、「オランダ」と「オランダ」の区別はせず、常に「オランダ」と訳されているため、以下のような問題が発生することがあります。混乱。中国語では一貫して「オランダ王国」と呼ばれることが多いが、実は元々の名前は違う。
コニンクレイクパレイス

オランダ国立博物館はオランダ最大の博物館で、1885年に一般公開されました。オランダの「黄金時代」の作品を集めた美術館として有名です。レンブラントの「夜行」はお宝とされ、「ユダヤの花嫁」も必見の作品です。また、陶磁器やガラス工芸品、銀器などのコレクションを展示しています。 当館の注目すべき展示品 レンブラント《夜の訪問者》、《ユダヤ人の花嫁》、《商工会議所検査官》、《自画像》、フェルメール《料理人》、《小さな通り》、ハルス《結婚式の肖像画》、《陽気な酔っぱらい》、スティーブンス《聖ニコラスの日》、アティキャンプ《冬の情景》、オスマン・ドールハウス。
アムステルダム国立美術館

アムステルダム運河
4.7
アムステルダムの運河地帯は、160以上の運河と1,281の橋からなる75kmのネットワークで100以上の島々を結んでいます。アムステルダムの都市はHerengracht、Keizersgracht、Prinsengrachtおよび中心の鉄道の駅のまわりの最も外側のSingelのアークによって、主要な観光スポットが半径約1.5キロメートルの運河のストリップに集中している区切られている。アムステルダムの水辺の魅力を見るには、運河のボートツアーに勝るものはありません。ガラス張りの屋根と窓からは、運河の土手に並ぶ17世紀の丘の壁の建物を眺めることができます。色とりどりで、形がよく、装飾的で、歴史的なものです。今日では、王様の日やゲイ・プライド・パレードなど、市内最大のお祭りが運河の上で行われています。
アムステルダム運河

アムステルダム・セクシュアリティ博物館は、中央駅とダム広場の間に位置しています。ファサードは無地ですが、インテリアは別物です。巻物に描かれた春の宮殿の絵画、本、磁気壺、粘土、鉄、青銅、象牙、大理石で作られた人形など、小規模ながらも印象的なコレクションは、人間の原始的なエロティシズムを鮮やかに表現しており、訪れる価値は十分にあります。現在、当分の間、美術館は工事中です。
アムステルダムセックス博物館

アムステルダムの中心部に位置するミュージアムスクエアは、ライクス美術館、ゴッホ美術館、ステデライク美術館、ダイヤモンド美術館の4つの美術館に囲まれて、多くの美術館が点在していることから、ミュージアムスクエアと呼ばれています。広場は1999年に改装されました。広場ではお祭りやイベントなどに利用されています。アメリカ領事館はこちらにもあります。
奥兰治广场、オランジェプレイン

アンネ・フランクの旧宅は、20世紀のベストセラー『アンネの日記』の舞台となっています。ユダヤ人の少女アンネ・フランクが隠れていた密室の跡地。父親を除いて、アンネとその家族全員が第二次世界大戦でナチスに殺された。アンネの日記には、2年間の避難生活の様子が詳しく書かれています。今日の避難所は、反ファシスト、人種差別主義者の有名な博物館です。アンネの日記」は後にアムステルダムで出版され、世間を騒がせた。家の間取りは、本の中にあった通りになっています。アンネの家に入り、本棚の奥にある秘密の扉をくぐり、狭い階段を登り、暗い部屋の存在を部外者から疑われないようにするために当時使われていた厚い紙で覆われた窓のある小さな部屋に入ると、今でも息苦しいほどの孤独感を覚える。年以上の恐怖と暗闇の中での生活は、自分の我慢の限界を試されたが、それでも隠れた生活の苦労を知ることができた。ホームには「アニーの日記」の原本やその年の日用品も展示されており、壁に貼られた日記の一節には13歳の少女の苦悩、孤独、恐怖、希望が表現されています。"死んでも生きていてほしい" アニーの「生きたい」という思いは、みんなの心を深く揺さぶる。
アンネフランクハウス

ブラウブルグ
3.9
ブルーブリッジとも呼ばれるブラウブリュッグは、アムステルダムにある歴史的な橋です。アムステルダムのレンブラントプリン地区とワーテルロープレイン地区を結ぶ橋です。
ブラウブルグ

木製靴工房
木製靴工房
Wooden Shoe Workshop
4.3
オランダの伝統的な木製靴の魅力をより深く知ることができる、他に類を見ない木製靴の展示会が開催されています。木製の靴工房では、靴作りの工程を見学したり、無料で試着したり、閲覧や写真撮影ができます。
木製靴工房

西教会(West Church)は、1620年~1631年に王子運河のほとりに建てられたアムステルダムのプロテスタント教会で、尖塔の高さは85メートル、尖塔の上部にはマクシミリアン1世の王冠があるアムステルダムで最も高い教会です。 画家レンブラントは1669年10月8日にこの教会に埋葬されましたが、彼の墓の正確な位置は不明です。彼の愛人もここに埋葬されています。教会は第二次世界大戦でナチスの迫害から逃れたアンネの家に隣接しており、教会の外にはアンネの像が安置されています。1966年3月10日、オランダのベアトリックス王女(後の女王)はこの教会でドイツの外交官クラウス・フォン・アムスベルクと結婚しました。
ウェスターケルク

ハイネケン体験
ハイネケン体験
Heineken Experience
4.3
1988年までハイネケンの醸造所だった醸造所は、現在は博物館になっていて、ビールの歴史や醸造過程を見学者に見せています。展示エリアには、ミニブルワリーやテイスティングバー、「厩舎見学」、4Dの「醸造所」体験などがあります。ガイドツアーの所要時間は約1時間半で、その後、入館時にもらえる小さな緑のブレスレットと一緒にビールを無料で楽しむことができます。
ハイネケン体験

マゲレブルグ
4.0
1671年に完成したアムステルダム川にかかる歩道橋。アムステルダムにある数少ない現存する木造の吊り橋の一つで、アムステルダムで最もシンプルな橋です。木造橋には、チャーチストリートに通じる白い歩行者用のゲートが2つあります。あまりにも細長い橋なので、「痩せた女性」を意味する「スキニーブリッジ」とも呼ばれています。橋は1871年と1929年の2回建て替えられていますが、今でも木造で「痩せた」スタイルを保っています。ライトアップされたブルーブリッジから見ると、夜になるとさらに立派になり、暗闇の中のアムステル川の美しさを一層引き立てています。
マゲレブルグ

新教会
新教会
De Nieuwe Kerk
3.9
ダム広場の南西側に位置するこの新しい教会は、王座の戴冠式ホールとも呼ばれ、15世紀に建てられた建物です。新しい教会は、1815年からオランダの歴代の王と王妃の戴冠式がここで行われていることで有名です。現オランダ国王ウィレム・アレクサンダーの結婚式と戴冠式がここで行われました。
新教会

オランダのダイヤモンド博物館は、アムステルダムが世界的なダイヤモンド取引の中心地であり、世界的なダイヤモンド加工の中心地でもあることから、ダイヤモンドの魅力と芸術について、さまざまな視点から見ることができるユニークな博物館として知られています。 アムステルダムの中心部、国立美術館とゴッホ美術館の間に位置しています。ダイヤモンド加工の老舗であるコスターダイヤモンド社が2007年に設立しました。 ガイドツアー ダイヤモンド博物館の入り口では、ダイヤモンドの誕生について学ぶことができるダイヤモンドに関するショートフィルムを見るのがおすすめです。ダイヤモンドが地表から200km下で形成されるまでに何億年もの歳月をかけ、発掘、加工、カット、研磨などの工程を経て、高価なリングやネックレスの本物のダイヤモンドになるまで。このショートフィルムは多言語に対応しており、英語での視聴が可能です。 キラキラと輝くダイヤモンドがセットされた王冠のレプリカ、アムステルダムのダイヤモンド産業の歴史、さまざまな種類のダイヤモンドを鑑賞し、4C(カット、カラット、カラー、ダイヤモンドの品質を決定する品質基準)について学びます。明快 MUST SEE COLLECTION: エリザベス女王の王冠のレプリカ。
コスターダイヤモンド博物館

アムステルダム市立博物館は、絵画を中心としたアムステルダムの最高の現代美術のコレクションを所蔵しており、現代美術だけでなくモダンデザインやアートの分野でもオランダで最も重要な博物館となっています。1870年から現在までの9万点以上の作品を所蔵しており、バウハウス、アムステルダム派建築、スタイル、コブラ派、抽象表現主義、ポップアート、コンセプチュアルアートなど、幅広い芸術ジャンルを網羅しています。世界の巨匠たちの作品の中でもトップレベルの作品が多く、マレーヴィッチやエドワード・キンホルツの「ビーンリー」、ウィレム・ド・クーニングやアンディ・ウォーホルの作品などを見ることができます。常設展でより注目すべき代表者には、ピカソ、オランダの画家カレル・アペル、ピエト・モンドリアン、フランスの画家モネ、セザンヌ、マティス、シャガール、ルノワールなどがいます。
アムステルダムアムステルダム市立近代美術館

レンブラント広場
3.9
レンブラント広場は、オランダ史上最大の画家であり、17世紀のヨーロッパ最大の画家の一人であるレンブラントにちなんで名付けられたアムステルダムで最も重要な広場です。かつてはクリームマーケットだったレンブラント広場は、今では大道芸人や市民イベントの会場になっています。数多くのクラブ、バー、レストランがあるレンブラント広場は、アムステルダムのナイトライフに欠かせない場所の一つです。
レンブラント広場

マダムタッソーアムステルダム
4.2
ここでは、オランダの歴史上の人物、世界の政治家、王族、貴族、芸能人、スポーツ界のスターと親密に触れ合うことができ、スターの衣装を試着したり、有名人と一緒に写真を撮ったりすることができます。マダムタッソーの最上階では、ダム広場の独特の風景を一望したり、「ダッチクラシック」や「ハリウッドタイプ」の特別アレンジ、本格的なハリウッド料理を楽しんだり、ダッチバーで軽食やお酒を楽しんだりすることができます。飲み物、様々なチーズ、ブリトー、ミートローフ、ビスケット。また、レディー・ガガやジョージ・クルーニー限定のセレブドリンクも楽しめます。
マダムタッソーアムステルダム

涙の塔(Montelbaanstoren)は、1512年(I 1480)(1581年にオランダ共和国が成立)に都市防衛のための監視塔として建設された、ウデシャンス運河の上にある塔です。艦隊を見送った塔は、現在のオランダ水管理システムと水道局の事務所となっており、アムステルダムの水路の水事情を観察するために使用されていました。 伝説によると、オランダの船乗りが大洋航海でこの地で祖国に別れを告げ、出発前に夫婦で別れを告げたという。出発した後、妻は夫の帰りを願いながら毎日海を眺めていた。オランダ人の船員が戻らなかったことを 誰が知っているのか 彼のニュースは何もないしかし、それでも奥さんは離れず、これが何十年も続いた。ついにある日、彼女は一人で死んでしまった。彼女が亡くなった時、毎日海を眺めていた場所に突然大きな灯台が現れたことに近所の人が気づき、夫の帰り道を照らすために灯台に変身したそうです。もちろん、これはただの伝説です。本当に元々は灯台ではなかった歴史上の塔で、今はもう灯台として使われていません。
モンテルバーンストアン

旧教会(Oude Kerk)は、1306年にユトレヒト司教によって聖別されたアムステルダム最古の教区教会です。教会の面積は約3,300平方メートルで、この湿地帯では最強の基礎とされる人工の塚を土台にしており、全体に墓石が敷き詰められているのは、教会が墓地の上に建てられたからだという。地元住民は1865年まで教会の敷地内に埋葬されていました。旧教会には2500のお墓があり、1万人のアムステルダム市民が埋葬されています。旧教会は王宮のすぐ近くにあり、歩いて行ける距離にあります。
旧教会(Oude Kerk)

ライゼ広場
ライゼ広場
Leidseplein
3.7
ライデン広場は、アムステルダムの中でもナイトライフを楽しむための賑やかな中心地の一つで、昼と夜では違った雰囲気を持っています。 広場はアムステルダムの中心部、シナー運河のすぐ北東、グラヒテンゴルデル地区の南西側に位置しています。かつてはライデン・コーチロードの起点となっていたライデンプラッツですが、現在ではいくつかの交通機関のピックアップポイントとなっており、観光の拠点としても適しています。また、近くには娯楽や保養地もたくさんあります。 日中は、広場に並ぶ多くのカフェやレストランでのんびりとした午後の時間を過ごすことができます。広場近くの劇場街では、ファーストフードからスローフード、軽食からお腹いっぱいの食事まで、ベジタリアンから肉料理まで、食欲さえあれば様々な料理が楽しめます。お土産を買うなら、様々な専門店、地元の木靴のお土産屋さん、ポストカード、キーホルダーなどのお土産屋さんを閲覧することができます。 夜のレイトン・スクエアは、バーやナイトクラブ、レストラン、劇場などがライトアップされ、さらに魅力的な雰囲気に包まれています。劇場でショーを観たり、バーでパーティーをしたりするには最高のタイミングです。
ライゼ広場

マントレン
3.8
アムステルダムのショッピング街の近くにあるミントタワーは、アムステルダムの賑やかなムントプリンに位置しており、1480年から1487年の間に街の防御壁の一つとして建てられ、塔は見張り台としての役割を果たしています。17世紀に火災で焼失し、現在は塔だけが残っています。1672年にフランスがオランダに侵攻した際に、この地で鋳造されたコインにちなんで名づけられました。塔には28ベルのグランドピアノがあり、毎週金曜日の15:00~16:00にメロディーを聴くことができます。
マントレン

レンブラントの家博物館は、レンブラントが1639年から1656年まで住んでいたオランダのアムステルダムにあるレンブラントの旧宅にあります。その後、破産のため、レンブラントの私物は競売にかけられました。緻密なオークション在庫のおかげで、レンブラントの家の内装を復元することができ、世界中からレンブラントの作品を集めて美術館を建設することができました。
レンブラントハウスミュージアム

アムステルダム博物館は、建築模型、地図、絵画、考古学的発見物など、中世の小さな町から近代的な大都市へと成長したアムステルダムの歴史を目の当たりにすることができる博物館です。 アムステルダム美術館は、中世から近代までの作品を幅広く所蔵しています。シビックガードギャラリーは、アムステルダムの自衛隊の肖像画を集めた世界で唯一の公立博物館通りです。さらに、アムステルダム博物館のギフトショップでは、美しいお土産を購入することができます。 2013年3月15日から2014年6月29日まで、同館では「ヴァン・オストサネン、あなたが知らなかったオランダの巨匠たち」展が開催されます。今回の初の回顧展では、アムステルダム美術館、アムステルダム市立博物館、アムステルダムのセント・ローレンス教会が、オランダの巨匠の大作を一堂に集めた世界初の回顧展を開催します。
アムステルダム博物館

123...6
シェア