スローガン
Loading...
人気スポット

マチュ・ピチュの人気スポット

全部
自然景観
遺跡・史跡
修道院・寺
展望台

3つの窓の寺院
3つの窓の寺院
The Temple of the Three Windows
4.5
有名な「三つの窓の神殿」は、インカ王朝の開祖が現れたとされるアンデス山脈に面した巨大な石垣の中に三つの窓がある、マチュピチュで最も重要な聖地です。三ツ窓の寺院には屋根がなかったため、住職がいつでも星を観察できるようにしたのではないかと推測されています。寺院の3つの台形の窓は、インカの石工の石彫の技術の表現であり、窓から離れていない長方形の石のストリップは、太陽の観察や宗教的な儀式のために使用されたと考えられています。マチュピチュの最も壮観なところは、もはや人間の居住には適していないが、アルパカの足跡がいたるところに見られ、何百年も前にここで農業がいかに繁栄していたかがわかる、果てしなく続く段々畑である。 その名の通り、3つの窓から中央広場と遠くの山々を見渡すことができます。証拠は、マチュピチュが放棄される前にこの寺院が完成していなかったことを示唆しています。考古学者は、神殿跡から祭祀に使われた器の一部を発見しており、正式な儀式に使われていたと推測されています。
3つの窓の寺院

太陽の神殿
太陽の神殿
The Temple of the Sun
4.5
小さな洞窟の上に建てられたこの寺院は、古代インカの天文学と建築の卓越した技術を最もよく表しています。太陽の神殿」は半円形の形をしており、独特の位置と配置のため、太陽の動きを完璧に捉えています。毎年6月22日、南半球の冬至の日には、はしご型の小さな窓から、お寺の中央にある大きな花崗岩のブロックの中心に直接太陽が射し込みます。天文学者や考古学者は、この大きな花崗岩のブロックがインカの暦として機能していたと推測しています。神殿のこの窓から外を眺めていたら、星座を知っている人は、収穫を表す星であるプレアデスに気づいたでしょう。さらに、一部の考古学者は、太陽の神殿の下にある王室の墓には、かつてパチャクーテック、インカ文明の歴史の中で最も有名な支配者のミイラが収容されていたと推測しています。しかしビンガムは1919年に到着した洞窟の中でミイラも人骨も見つけられなかった。
太陽の神殿

インティワタナ
4.4
マチュピチュ」の最大の謎は、「太陽の石」と呼ばれる大きな石の彫刻です。天文考古学者の中には、広場の盛り上がった台の上にあるこの大きくて精巧な四角形の彫刻は、日時計ではないかと推測する人もいれば、何らかの形で天体観測に使われたとする人もいます。その目的についてのコンセンサスはないが、ほぼすべての考古学者は、日時計がマチュピチュで最も神聖な建物であることに同意している。この結論は、多かれ少なかれ、この石がインカ建築の最も神聖な要素を含んでいるという事実に起因しています:岩盤は母なる大地を表し、インカ様式の精巧な彫刻は、一見奇妙な形は間違いなく慎重に考えられた結果です。 レンジロック】の見分け方遠くから大きな岩の周りに観光客の集団がいるのを見たら、ガイドさんの誘導で手を伸ばして岩から放出されるエネルギーを感じて、"うん、感じる!"と声をかけてみましょう。そんなマーベルを見ているなら、目の前のサンレンジロックを真正面から見ていることになります。このボルダーはどれだけすごいのか?人々は具体的にどのようなエネルギーを感じているのでしょうか?信じるか信じないか?ぜひご自身で体験してみてください
インティワタナ

主要な寺院
主要な寺院
The Principal Temple
4.5
マチュピチュの本堂」、「マチュピチュの三窓神殿」、「太陽の岩」があるエリアは「聖なる広場」と呼ばれていますが、このエリアはマチュピチュの他の建物よりも大きく、本堂のまだら模様の岩の重さは3トンにもなります。この寺院は三方を壁に囲まれており、本堂の隣には小さく簡素な寺院があり、歴史家たちはこの時に僧侶たちが準備したと推測しています。
主要な寺院

コンドルの神殿
コンドルの神殿
Temple of the Condor
4.2
聖なる鷲の神殿は、インカの石工の熟練した技術の一例です。自然の岩の形成は何百万年も前から始まり、インカはその自然の形を利用して、飛行中のハゲワシの巧妙な表現を彫っていました。歴史家は、ハクトウワシの頭が祭壇として使われていたと推測しています。寺院の下には、かつてミイラを収容していた小さな洞窟があります。寺院の裏手には、人のためのニッチのある牢屋があります。
コンドルの神殿

セイクリッドロック
3.5
中央広場の最北端、マチュピチュの先には、ほとんどすべてのインカの村で見られるような聖なる石があります。新しい村の建設が始まる前に、村人たちはまず、町のための聖なる石を見つけて固定しなければなりません。霊石の隣には、「ワイナピチュ」の門があります。
セイクリッドロック

ワイナピチュ/ワイナピチュ
ワイナピチュ/ワイナピチュ
Huayna Picchu/Wayna Picchu
4.5
マチュピチュの定番のポストカード写真で、街の遺跡の後ろにそびえ立つあの峰。写真では少し威圧感があるように見えますが、登ってみると真っ直ぐな上下ではないことがわかります。高所恐怖症ではない方やアルピニストの方は、ワーナーピチュの頂上まで登り、頂上にある巨大な花崗岩からマチュピチュを見下ろすことは、一生忘れられない経験となるでしょう。 ペルー政府は、ワイナピチュに登れる観光客の数を、午前7時からと午前10時からの2回のパスで、1日最大400人までに制限している。午前7時に第1回目、午前10時に第2回目を開催し、1回あたりの来場者数は200人。チケットは事前購入が必要です。マチュピチュの最北端には、チケットやパスポートの再チェックが必要なフアイナ・ピチュチェックポイントがあります。 登りは通常のスピードで45分、体力のある方は25分程度ですが、途中の景色も美しいので、ゆっくりと登りを楽しみましょう。 上に向かって階段は非常に狭くなり、小さな穴をくぐらなければならない短い区間がありますが、それ以外はかなり緩やかな道のりになっています。登山道のほとんどが岩で舗装されているので、雨天時はとても滑りやすく、事故も起きているので、悪天候時はバイナピチュは閉鎖されています。 時間が許せば、フアイナピチュからマチュピチュに下る途中、大きな自然洞窟の中にある月の神殿を訪れ、インカ人がプレアデスに面して神殿の正面を建てて崇拝していたことを知ることができます。寺院の中には、マチュピチュの最高の石の彫刻があります。考古学者がここで人骨を発見したことから、かつては常設のミイラの休憩所として使われていたことが示唆されています。
ワイナピチュ/ワイナピチュ

月の神殿
Templo de la Luna
3.0
月の神殿

シェア